合格者インタビュー 最後まで諦めずに掴んだ合格!槻の木高校 三阪さん

合格者インタビュー 最後まで諦めずに掴んだ合格!槻の木高校 三阪さん

2016年度の卒業生にインタビューをさせていただきました。

IMG_0084_(1).jpg

三阪 亜美さん~槻の木高校 現役生 ダンス部~

合格大学

関西大学 人間健康学部

龍谷大学 国際学部

 

塾長:「今日はわざわざありがとうね。」

 

三阪さん:「いえ、とんでもないです。」

 

塾長:「まずは関西大学と龍谷大学の合格おめでとう!」

 

三阪さん:「ありがとうございます!」

 

塾長:「どっちの大学に進学するの?」

 

三阪さん:「もちろん関西大学です!」

 

塾長:「もちろんやんな!」

   

三阪さん:「もちろんです!」

 

塾長:「やっと受験勉強が終わって、今の率直な意見を聞かせてください。」

 

三阪さん:「今はものすごく開放感に満ち溢れています。めっちゃ遊んでますし。遊ぶのってこんなに楽しいんやなって。」

 

塾長:「めっちゃ遊んでんねや?どんな遊びしてるん?」

 

三阪さん:「友達と卒業旅行に行ったり、家族でスノボー旅行行ったり、ショッピングしたり、美味しいもの食べにいったり・・・・それよりも今はいつまでも寝れることが幸せです(笑)」

 

塾長:「寝れること?受験勉強してる時は寝てなかったん?」

 

三阪さん:「そうですね。6時間くらいですかね。」

 

塾長:「6時間?普通に寝てるやん!」

 

三阪さん:「へへへ(笑)」

 

 

塾長:「じゃ、その次の質問!うちに入塾したきっかけを教えて。」

 

三阪さん:「3年生に入って部活の周りの子たちが塾に入り始めていたけど、何も塾のことは調べてないし、何から勉強始めたら良いかもわからんくて、焦り始めていた時に、同じクラスの子が休み時間に単熟カードで暗記している姿見て、これめっちゃ面白そうやん!って思ったのがきっかけです。」

 

塾長:「藤井セミナーの単熟カード見て面白そうやんって思ったんや!すごいなぁ。」

三阪さん:「私は単語帳は嫌いだけど、カードなら勉強できるかもって思ったんです。このカードは画期的やし、めっちゃ面白そうな塾やなって。でその子にどこの塾なん?って聞いたら、藤井セミナーって言われて。説明会行ってみようかなと思いました。」

 

塾長:「それがきっかけで説明会を受けてくれたんや。実際、説明会受けてみての感想教えて。」

 

三阪さん:「自分は国語がすごく苦手で、説明会の時に国語は後回しでも良いよって言われて、気持ち的にすごく安心しました。その分、英語と日本史は頑張らないとアカンって言われたけど、その2科目だったら集中して勉強できるって思いました。その藤井セミナーの方針を聞いて納得したので、入塾しました。」

 

塾長:「就職の話とかも説明会ではしたよね?それ聞いてどう思った?」

 

三阪さん:「就職の話を聞いて関西学院大学、関西大学、同志社大学、立命館大学あたりには行きたいな。やっぱ関関同立じゃないとアカンなって強く思いました。」

 

塾長:「なるほど。じゃ実際入塾してみて、入塾当初の藤井セミナーのイメージはどんな感じやった?」

 

三阪さん:「集団授業やのに、ものすごく授業中はみんな集中して授業聞いてるなと。集団授業ってもっとわいわいがやがやのイメージだったんです。(笑)授業中は静かやけど、授業前後では結構色々な先生に話かけてもらったり、友達とかできて話すようになってきて、メリハリをつけれたなって思います。」

 

塾長:「入塾する前は他の塾とか見た?」

 

三阪さん:「友達が映像授業の予備校に行ってて、少し検討したけど、映像だったら自分は頑張れないなって思って。藤井セミナーだったら生徒と先生の距離が近いから頑張れると思いました。」

 

塾長:「藤井セミナー来て良かった?」

 

三阪さん:「はい!最初は緊張して先生たちともあまり話してなかったけど、だんだん慣れてくると先生たちとも話できるようになってきて、リラックスできました。先生と距離が近いのが良かったです。この藤井セミナーの環境が自分の中ではめっちゃ合ってたなって思います。」

 

塾長:「他に良かった点ある?」

 

三阪さん:「社会はほんまにめっちゃ頑張って得意科目になりました。藤井セミナーでこんなに頑張れって背中押してもらえなかったら、社会はやり切れてなかったかもしれません。あと、英語の長文の苦手意識は完全になくなりました。語彙力もかなり付きましたし、学校の同じクラスの子が知らない単語を知っているっていうことで励みにもなりました。」

 

塾長:「なるほど。友達に自慢できたってことか?(笑)」

 

三阪さん:「そんなんしてないですよ~(笑)」

 

塾長:「あっ!ごめんごめん!」

 

塾長:「逆に悪かった点はある?」

 

三阪さん:「悪かった点ですか?えーっと、トイレが古かったことですかね?(笑)それ以外は特にないですかね。(笑)」

 

塾長:「そっかぁ(笑)ありがとう!受験勉強をする前と終わった後、振り返ってみて自分の中で受験に対する考え方は変わったかな?」

 

三阪さん:「変わりましたね。勉強する前は甘かったと思います。少し勉強すれば大学も受かると思ってましたし。受験って高校受験のイメージしかないので、そんなに勉強せんでも良いかなって思ってました。大学入試も高校入試も同じノリやろ!みたいな。実際勉強してみると高校入試みたいには甘くなかったです。」

 

塾長:「高校入試みたいな勉強してたらアカンって最初の方に気付けたから合格できたんやろな。じゃここから少し話は変わるね。これから大学生になるわけやけど、大学生活ってどんなイメージ持ってる?」

 

三阪さん:「大学生って自由で、生き生きしていて、自分のやりたいことを自分で探して何でもできるって思います。自分から見つけてやりたい事ができるから楽しいんやろなぁって思います。」

 

塾長:「三阪さんは大学でどんな事したいって思ってますか?」

 

三阪さん:「今までダンスを続けてきたので、絶対にダンスは続けたいと思います!」

 

塾長:「高校の部活でもダンスやってたもんな?続けるんや!頑張って!他に何かしたい事ある?」

 

三阪さん:「あとは、新しい趣味を始めたいです。」

 

塾長:「たとえば?」

 

三阪さん:「写真ですかね?」

 

塾長:「写真?」

 

三阪さん:「一眼レフが周りで結構はやってるので、バイトしてお金溜めて一眼レフのカメラを買いたいです。」

 

塾長:「楽しそう!大学行ったら夢いっぱいやなぁ。確かに自分のしたいことができる4年間やから、勉強もしっかり頑張って、趣味にも力入れて、充実した学生生活を過ごしてください!また大学生活の話をしに塾に遊びに来てね!今日はわざわざありがとう!」

 

三阪さん:「いえいえ。こちらこそ1年間ありがとうございました!」

 IMG_0089.jpg

 

 

 

著者プロフィール

著者アイコン
磯野 諭史
磯野 諭史(いその さとし)
藤井セミナー
高槻・十三教室 教室長
大阪府立箕面高等学校卒
同志社大学政策学部卒

高校生の時は専門学校に行こうと思っていましたが、高校の友人が大学進学を目指して勉強している姿を見て、自分も勉強しようと思い、高校3年生の秋頃から本格的に受験勉強し始めました。当然現役では不合格。浪人時に藤井セミナーに出会い、同志社大学、関西学院大学の受験した学部をほぼ全勝することができました。

受験生へのアドバイス
受験に無理という言葉はありません。自分を信じて勉強するのみ。信じていれば結果は必ずついて来ます!

関連記事