三田祥雲館高校の方必見!  ~祥雲館高校の3人に1人が藤井セミナーから関関同立合格へ~

三田祥雲館高校の方必見!

 ~祥雲館高校の3人に1人が藤井セミナーから関関同立合格へ~

 

もくじ

 

1:はじめに~祥雲館高校最強説~

2:祥雲館高校のストロングポイント

3:祥雲館高校のウィークポイント

4:藤井セミナーでの祥雲館高校の合格実績

5:祥雲館高校の受験勉強の注意点

6:英語の勉強方法(特に祥雲館高校生にオススメ!)

7:まとめ

8:祥雲館高校の沿革

 

 

【1:はじめに~祥雲館高校最強説~】

 

 長年、藤井セミナーに来る祥雲館生を見てきて実感することを書きます。祥雲館の生徒のみ、先に読み進めてください。

 

ここには、今勉強ができなくて悩んでいる人や、今英語ができなくて悩んでいる人に、「やる気」を出してもらい、関関同立や明治立教青山学院などに合格してもらう為のノウハウに触れていきます。

 

 祥雲館の生徒は胸を張ってください。なぜなら、祥雲館の生徒は非常に頭が良いです。しっかり「勉強方法」と「受験情報」を手に入れることができたならば、全員が関関同立以上の大学に合格することができると私は思っています。大学受験をするにあたって、一番バランスが良い生徒が多いのです。でも、その「勉強方法」と「受験情報」が正しく理解できていない人が多くて損をしてしまっているのではないかと思います。これは得をする為に書いた記事です。

 

 

【2:祥雲館高校のストロングポイント】

 

 祥雲館高校の生徒は、真面目でとても清潔感に溢れた生徒が多いです。校舎も向かいに位置している関西学院大学と調和した美しい校舎も魅力的ですし、CMで使うイメージ校を紹介してと言われると僕ならば祥雲館高校を推薦します。本当に、高校生らしく勉強する時は勉強をし、運動する時は部活動に専念する印象があります。僕が中学生ならあこがれて入りたいと思うほどの高校です。

 ほとんどの生徒が部活動をしながらも、空いた時間を利用して、勉強をしながら関関同立以上に合格していきます。藤井セミナーに来る生徒も今までのほとんどが部活動を最後まで頑張り、受験も最後まで諦めずに頑張る生徒が多いです。受験において「やる時」だと自覚した生徒はみるみる成績を伸ばします。よくこんな短期間で成績を伸ばせられたなと感心します。

 もともとが真面目なので、勉強の基礎がしっかりしている。だからこそ、部活動でたとえ夏に引退しようとも、冬の最後までしていても関関同立以上に合格することができる生徒も中にはいます。また、そういった生徒を数多く見てきました。本当に感心します。

 そして、校舎の目の前に関関同立の1つである関西学院大学があります。よく大学の授業に交じって祥雲館の生徒が聞きに来ます。高校生の時から、関西学院大学の学生を見ているからか、自然と国公立や関関同立以上を目指す風潮にあるのも優等生である要因だと思います。関学と提携している授業などもあり、大学進学への意欲をわかせてくれる高校と言えます。授業内容も国公立や有名私大への進学を後押ししてくれるカリキュラムが豊富です。

 

 

【3:祥雲館高校のウィークポイント】

 

 一言で言うと「勘違い」です。祥雲館の生徒は、優等生で近所の人からも「祥雲館に行っているなんてすごいねー」ともてはやされます。たとえ勉強をサボっていても自分はやったらできると思っている生徒が多い。なので、高校受験は頑張ったけど、祥雲館に入ってからサボってしまう。一番頑張ったのは、「高校受験の時」になってしまっているのではないかと僕は思います。

 

 高校になれば、勉強の難易度も上がり、ついていくのがやっと。でも、周りには頭が良い子が多い。分からなくても「まあいっか。」と流していく。なんとなく分かるから大丈夫だと自分に言い聞かせる。自分は頭が良いのだから、暗記なんかしなくても文脈判断で答えを導き出せる。と考えていることによって、成績が伸び悩む生徒を数多く見てきました。

 

 勉強は少なからず「暗記」をしなければなりません。たしかに「理解」した方が圧倒的に良いです。でも、「理解」するには時間がかかります。それだったら、高校1年生からしっかり勉強してください。毎日2時間も勉強すれば1か月で60時間。1年で720時間。3年で2160時間です。関関同立レベルで勉強時間は1500時間と言われています。これは学校の宿題の時間以外にです。

 

 話が逸れたので、戻します。なので、祥雲館高校の生徒はしっかり「何を」「いつまでに」「どうするのか」の3点をしっかり行えば、必ず合格する力があるのです。

 

 

【4:藤井セミナーでの祥雲館高校の合格実績】

 

 ここでの合格実績は学校や大手予備校が出している合格実績と同様にしています。

 

 平成27年度

  関西学院大学 38名

  関西大学   7名

  同志社大学  3名

  立命館大学  2名    合計50名

 

 祥雲館高校での平成27年度の進路状況を見てみると関西学院大学112名とあります。藤井セミナーの生徒が約1/3に当たります。祥雲館高校の生徒の3人に1人が藤井セミナーから合格したことになります。「正しい」勉強方法と受験情報を手に入れた祥雲館高校の生徒は最強と言えます。ゆえに祥雲館高校の生徒は受験において一番合格しやすいのです。

 

 

【5:祥雲館高校の受験勉強の注意点】

 

 祥雲館高校に行ったということは、中学時代はまじめで頑張ったから、祥雲館高校に合格したのだと思います。でも、一方で、北摂三田高校までは行けなかった…とも言えます。

そして、多くの生徒は、高校に入ったら、やっぱりしっかりと予習を頑張って学校の提出物もこなします。これはこれで立派な事なので頑張ってください。でも、それだけで終わっていませんか?学校の定期テストは、年間5回なので、単純計算では約2か月に1回のテストです。その間に、週に2回の授業の科目としたら約16回分の授業のテストとなります。これぐらいなら能力のある祥雲館高校の生徒なら、パッと覚えてテストに臨むのも難しくはないでしょう。例えば世界史で言えば、教科書は約250ページで、これを2年間でやります。多くの高校では、最後までいかないケースが多くあります。なので1回のテスト範囲はたった20ページぐらいなのです。受験勉強で一気に覚えて問題にあたらなくてはならない範囲は、定期テストの10倍以上あって、しかも大学入試問題の方が難しいケースが多いのです。

 

 だから、ある時期からは、ある程度は受験を意識した勉強をしていかないとだめでしょう。こういったことは、英単語や英熟語の暗記にもあてはまります。高3の夏までには、英単語で少なくとも1500個、熟語で500個から1000個は覚えておいてほしいものです。


 一方で、これはあまり良いとは言えない例ですが、現実的によくある例です。三田西陵高校や有馬高校の生徒らは、中学時代は勉強が嫌いであんまり勉強をせずに高校に進学しています。でも、彼らの中の何人かは、高1か高2で将来の事や大学の事に気づいて、意識が覚醒して、「受験勉強」に絞って、特に3教科に絞って、頑張り始める生徒が出てきます。特に、最初にやるべきものは英語です。そういった生徒は、祥雲館高校の生徒をライバル視して「文系の受験では、絶対に負けたくない!」と思って、関関同立を目指します。なので、祥雲館高校の生徒たちは気づいていないのですが、多くの高校生から「負けたくない!」と思われている存在だということです。だから、それも意識して、頑張ってください。

 

 

【6:英語の勉強方法(特に祥雲館高校生にオススメ!)】

 

 1番楽で、絶対に誰でも英語の成績がアップする方法を紹介します。

この方法は、国公立、私学、理系、文系を問いません。それは、…

 

   予習をしない!

   音読復習に絞る

   英語長文に絞って勉強

 

 この3つを実践すれば、必ず誰でも英語の成績はアップします。しかも時間がかからず、負担が少なく楽な方法なのです。これは、30年近く藤井セミナーでお実践してきて数え切れないぐらいの多くの高校生の英語の成績を伸ばしてきた方法で、「できる高校のできる生徒」から、「できない高校のできない生徒」まで、誰にでも通用する方法なのです。

 

 まず、当面は何の為に英語を勉強しますか?普通は、志望大学のレベルを上げて、実際の入試で受かることでしょう。その入試の特徴を、日頃の勉強方法との違いで考えたことはありますか?

 

 最大の特徴は、時間制限が有ることと、辞書は引けない事でしょう。

だから、伸ばさなければならない能力は、「時間内で早く処理すること」と「単熟語の暗記」なのです。この2つの事柄は、同時に進めるにはとても相性が良いペアです。


 なぜなら、英語において「早く処理する」ことは、「速読力」が必要となります。その訓練は、じっくり和訳をしながら予習…なんかではなく、理解した長文を音読することです。この音読の具体的な方法は藤井セミナーの説明会でじっくりと聞いてください。この音読の繰り返しは、復習なので、過去に理解したたくさんの長文を利用することができます。そしたら、日頃は単語集で覚えて頭にぶち込んでいる英単語がアトランダムに頻繁に出てくるのです。だから、この2つの相乗効果で、英語長文の速読力と、単熟語の暗記力がさらに鍛えられていくのです。

 

 

【7:まとめ】

 

 祥雲館高校の生徒が【7:英語の勉強方法(特に祥雲館高校生にオススメ!)】で書いた内容のことを実践すれば、また理解するだけでも成績を伸ばす生徒が多いです。本当に、しっかり「勉強方法」と「受験情報」を正しく理解した祥雲館の生徒が一番合格する力を持っていると実感しています。なので、損をする受験生になるのではなく、得をする受験生になってほしいと思います。そろそろ、未来のことについて考えてみてはどうでしょうか。

 

 

【8:祥雲館高校の沿革】

 

・校訓

 自律 自らの規範意識を高め、社会の一員として調和のとれた人格の形成

創造 主体的な学習活動を通じ、個性を発揮し新しい時代を創造する能力の育    

   成

敬愛 自然を敬い、自他の命を尊重し、互いを愛し認め合う心の涵養

 

・教育目標

  1.  自己選択・自己責任に基づき主体的に生きる態度を育成し、積極的に地域社会 に学ぶことを通じて規範意識や倫理観・正義感・人権を尊重する心を培い、調和のとれた人格の育成を目指します。
  2. 基礎的・基本的な内容の確実な定着を図り、個性や創造性を伸ばし、自ら学び、 考え、行動できる能力を培い、地域で、そして世界で活躍する人材の育成を目指します。

 

・教育内容の特色

  1. 自ら考え、自ら学ぶ探究的・問題解決的な学習の積極的な導入
  2. 対話や熟議、プレゼンテーション等で自らの学びや考えを表現できる能力の育成
  3. 少人数・習熟度別授業等、充実した教科指導と進路・キャリアガイダンスによる進路実現
  4. 大学・研究機関との連携

 

・沿革

平成11年10月14日

三田地域における新構想(単位制)高等学校の設置の方針決定

平成13年4月1日

県教育委員会高校教育課内に三田地域単位制高等学校開設準備担当職員を配置

平成14年1月1日

「兵庫県立高等学校の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例」により学校設置、校名を兵庫県立三田祥雲館高等学校とし、梶谷均が初代校長に補せられる。 開校準備室を兵庫県立三田西陵高等学校に設置

平成14年3月29日

同準備室を本校内に移転

平成14年4月1日

開校

平成14年4月8日

開校式並びに第1回入学式(男子113名、女子207名、計320名)

平成14年11月15日

開校記念式典

平成17年3月1日

第1回卒業式(男子109名、女子198名、計307名)

平成17年4月1日

福岡憲助第2代校長に補せられる。

平成19年4月1日

服部雅幸第3代校長に補せられる。

平成21年4月1日

文部科学省よりスーパーサイエンスハイスクール(SSH)の研究指定を受ける。

平成22年4月1日

市毛康之第4代校長に補せられる。

平成23年11月15日

創立10周年記念式典

平成25年4月1日

髙橋敬介第5代校長に補せられる。

 

 

 

関連記事