関西学院大学合格に一番近道の大学受験塾   〜宝塚西高校編〜

関西学院大学合格に一番近道の大学受験塾

  〜宝塚西高校編〜

 

もくじ

 

1:はじめに〜関西学院大学に近道の大学受験塾〜

2:西宮北口からも近い大学受験塾

3:宝塚西高校と藤井セミナー

4:宝塚西高校の生徒の特徴

5:宝塚西高校の合格実績〜関関同立合格率80%〜

6:宝塚西高校の受験勉強の注意点

7:英語の勉強方法(特に宝塚西高校生にオススメ!)

8:まとめ

【1:はじめに〜関西学院大学に近道の大学受験塾〜】

 

 関西学院大学に一番近いこともあり、数多くの生徒が合格しています。その意味で、関西学院大学に日本一「近い、安い、受かる」塾です。関西学院大学から駅が2駅となりの阪急逆瀬川駅から徒歩3分にあります。2014年にオープンし、まだまだ逆瀬川教室としては若いですが、年々合格者が増えています。

 

 ここでは、その中で特に学校が近い宝塚西高校を取り上げます。宝塚西高校の生徒必見です。宝塚西高校の生徒がどのようにやる気を継続しながら合格していったのかを書きたいと思います。

 

 今勉強ができなくて悩んでいる人や、今英語ができなくて悩んでいる人に、「やる気」を出してもらい、関西学院大をはじめ、同志社大学、関西大学、立命館大学に合格してもらう為のノウハウに触れていきます。

 

【2:西宮北口からも近い大学受験塾】

 

 藤井セミナー逆瀬川教室は、阪急西宮北口駅から9分と西宮方面からも好立地です。映画「阪急電車」でも描かれているように、阪急今津線はとても優美で人の温かさを感じられるような路線です。また、治安がとても良いので幼稚園児や小学生が一人でも電車に乗っている風景をよく見かけます。年配の方も、とてもオシャレで流行に敏感です。前に、iPadを自在に操っている小学生年少や、老婦人を見て驚きました。今津線は老若男女が活発に入り混じる土地なのだなと感心しました。

 

 そんな治安の良さもあって、西宮北口には数多くの学習塾が存在します。人が集まる土地はそれだけテナント代が高いです。テナント代が高くなれば、月謝も高くなるのが普通です。藤井セミナーでは月謝制で、1時間当たりの料金は約1500円です。大手予備校の3分の2以下になります。同じ合格するなら、安い方が断然お得です。

 

【3:宝塚西高校と藤井セミナー】

 

 宝塚西高校は阪急逆瀬川駅から阪急バスで約10分のところにあります。国際教養科(LAC)と普通科の2つがあります。阪神間北部に位置し、西は六甲山系、北は長尾山系に囲まれ、中心部を武庫川が流れ、閑静な高級住宅街を有する住宅都市です。また「歌劇の街」として全国的に有名で漫画家手塚治虫が青少年期を過ごした街としても知られています。

 

 また、宝塚西高校出身の有名人はアナウンサーの上泉雄一(早稲田大学教育学部卒「ちちんぷいぷい」出演で有名)やアナウンサーの塚本麻里衣(同志社大学社会学部卒「朝だ!生です旅サラダ」出演で有名)がいます。

 

 学校が掲げるめざす「西高生」像

ー論理的思考力があり自由で柔軟な発想ができる生徒の育成ー

・変化の激しい時代にあっても、様々な困難や課題に果敢に挑戦し解決できる

・志を高く強く掲げ、自らの未来を切り開き、自らの夢や志の実現に努力できる

・伝統や文化を基盤として、創造性やチャレンジ精神をもって国際社会に貢献できる

・「時を守り、場を清め、礼を正す」ことのできる、こころ豊かで自立した生徒

 

 そんな伝統ある宝塚西高校の生徒は藤井セミナー逆瀬川教室がオープンした当初から毎年来てくれます。そして、毎年関関同立に合格しています。

 

 ここに面白いデータがあります。宝塚西高校の進学先内訳です。

平成25年度 関西学院大学 26名

平成26年度 関西学院大学 63名

平成27年度 関西学院大学 76名

 

 藤井セミナーが逆瀬川にオープンしたのは平成26年度からとなります。藤井セミナーが参入する前と後では約2~3倍になっています。一人でも多くの生徒が合格することができるように講師陣は常に努力をしているので、この結果に嬉しく思います。今後も、一人でも多くの「勉強ができない」と思い込んでいる生徒を第一志望へと合格できるようにとスタッフ一同サポートしていきます。「逆転合格」の実現が藤井セミナーの願いです。

 

【4:宝塚西高校の生徒の特徴】

 

 宝塚西高校の生徒は、とても活発で社交性に優れた生徒が多いです。また、ほとんどの生徒が部活動に専念をし、大学受験も頑張ります。藤井セミナーでも、毎年宝塚西高校の生徒が塾の中心となり、全体の学習を盛り上げてくれるという印象です。

 

 もともとが真面目なので、最後まで諦めずに勉強を頑張って関関同立に逆転合格していく生徒をたくさん見てきました。最初はとても勉強が嫌いでも、関関同立以上に行くのだという熱意でみるみる成績を伸ばしてきます。熱意が入りすぎて、学校の授業を聞かずに受験勉強をする生徒がいて困っているぐらいです。1つ1つを全力で向かっていく姿勢は宝塚西高校の良さだと思います。本当に、宝塚西高校の生徒のパワーには毎年驚かされます。

 

 一方、1つ1つのことに全力で向かうからこそ、「目先」のことに注力しすぎる傾向にあります。一般的な高校生誰もに言えることですが、学生生活の中には常にたくさんのイベント事があり、色んなことに興味を逸らされます。定期テスト(中間・期末)、部活動の大会、文化祭、体育祭など、ひとつのイベントが終われば次のイベントという風に、慌ただしい一年を過ごし、そこに部活動も加わります。毎日ヘトヘトになるまで部活動を行って、帰ったらすぐ寝てしまうことの繰り返しです。

 

 宝塚西高校の生徒は知らず知らずのうちに、将来のことについて考える暇がなく、気づいたら何の準備もしていない受験生となるのです。毎日2時間でいいので勉強してください。毎日2時間も勉強すれば1か月で60時間。1年で720時間。3年で2160時間です。関関同立レベルで勉強時間は1500時間と言われています。これは学校の宿題の時間以外にです。

 

 話が逸れたので戻します。このような正しい「受験情報」を知っている藤井セミナーの生徒は毎年関西学院大学をはじめ、同志社大学・関西大学・立命館大学に合格していっているのです。

 

【5:宝塚西高校の合格実績〜関関同立合格率80%〜】

 

 関関同立合格者

 

 2017年 10人中8人

 2016年 15人中9人

 2015年 16人中10人

 

 今年の関関同立合格者は脅威の80%になります。本当によく頑張ってくれました。宝塚西高校と藤井セミナーの相性が良いのがよく分かります。

 

合格者コメント(一部抜粋)

藤川くん(吹奏楽部) 関西学院大学全勝(法学部・総合政策学部・文学部)

模試では最後までE判定でした。ですが、藤井セミナーの先生は受験のプロです。勉強だけでなく、やる気を継続させてくれます!本当に温かい塾なので、楽しく勉強するのに一番最適な場所です!

 

今田くん(バドミントン部) 関西学院大学(法学部・経済学部)・関西大学(法学部)

藤井セミナーのチラシが気になり、説明会を聞くと「この塾に行こう!」と思い入塾しました。英語の成績は下から20番ぐらいで、最後の模試では英語3割でした。でも音読を続けていけば、入試初日の英語で自分がここまで解けるんだ!と思えるぐらい英語が伸びました。本当に感謝しています!

 

【6:宝塚西高校の受験勉強の注意点】

 

 宝塚西高校に行ったということは、中学時代はまじめで頑張ったから、宝塚西高校に合格したのだと思います。でも、一方で、宝塚北高校までは行けなかった…とも言えます。

そして、多くの生徒は、高校に入ったら、やっぱりしっかりと予習を頑張って学校の提出物もこなします。これはこれで立派な事なので頑張ってください。でも、それだけで終わっていませんか?学校の定期テストは、年間5回なので、単純計算では約2か月に1回のテストです。その間に、週に2回の授業の科目としたら約16回分の授業のテストとなります。これぐらいなら能力のある祥雲館高校の生徒なら、パッと覚えてテストに臨むのも難しくはないでしょう。例えば世界史で言えば、教科書は約250ページで、これを2年間でやります。多くの高校では、最後までいかないケースが多くあります。なので1回のテスト範囲はたった20ページぐらいなのです。受験勉強で一気に覚えて問題にあたらなくてはならない範囲は、定期テストの10倍以上あって、しかも大学入試問題の方が難しいケースが多いのです。

 だから、ある時期からは、ある程度は受験を意識した勉強をしていかないとだめでしょう。こういったことは、英単語や英熟語の暗記にもあてはまります。高3の夏までには、英単語で少なくとも1500個、熟語で500個から1000個は覚えておいてほしいものです。

【7:英語の勉強方法(特に宝塚西高校生にオススメ!)】

 1番楽で、絶対に誰でも英語の成績がアップする方法を紹介します。

この方法は、国公立、私学、理系、文系を問いません。それは、…

  予習をしない!

  音読復習に絞る

  英語長文に絞って勉強

 この3つを実践すれば、必ず誰でも英語の成績はアップします。しかも時間がかからず、負担が少なく楽な方法なのです。これは、30年近く藤井セミナーでお実践してきて数え切れないぐらいの多くの高校生の英語の成績を伸ばしてきた方法で、「できる高校のできる生徒」から、「できない高校のできない生徒」まで、誰にでも通用する方法なのです。

 まず、当面は何の為に英語を勉強しますか?普通は、志望大学のレベルを上げて、実際の入試で受かることでしょう。その入試の特徴を、日頃の勉強方法との違いで考えたことはありますか?

 最大の特徴は、時間制限が有ることと、辞書は引けない事でしょう。

だから、伸ばさなければならない能力は、「時間内で早く処理すること」と「単熟語の暗記」なのです。この2つの事柄は、同時に進めるにはとても相性が良いペアです。

 

 なぜなら、英語において「早く処理する」ことは、「速読力」が必要となります。その訓練は、じっくり和訳をしながら予習…なんかではなく、理解した長文を音読することです。この音読の具体的な方法は藤井セミナーの説明会でじっくりと聞いてください。この音読の繰り返しは、復習なので、過去に理解したたくさんの長文を利用することができます。そしたら、日頃は単語集で覚えて頭にぶち込んでいる英単語がアトランダムに頻繁に出てくるのです。だから、この2つの相乗効果で、英語長文の速読力と、単熟語の暗記力がさらに鍛えられていくのです。

【8:まとめ】

 宝塚西高校の生徒が【7:英語の勉強方法(特に宝塚西高校生にオススメ!)】で書いた内容のことを実践すれば成績を伸ばす生徒が多いです。もともと基礎力はあるので、しっかりとした「勉強方法」を身につけさえすれば合格するパワーがあります。どのレベルからでも藤井セミナーではスタートが可能です。入塾テストもありません。部活をしながら受験勉強もしましょう。目先目先のことに捕われずに、そろそろ自分の未来について考えてみてはどうでしょうか。大学生から第二の人生スタートです。最高のスタートにするために、受験勉強を早めから始めてみてはどうだろう。

<アクセス>

兵庫県立宝塚西高等学校

〒665-0025    兵庫県宝塚市ゆずり葉台1丁目1番1号

TEL : (0797)73-4035 (代表)  FAX : (0797)73-6298

HP:http://www.hyogo-c.ed.jp/~takaranishi-hs/

 

著者プロフィール

著者アイコン
松田 章吾
藤井セミナー
川西・三田教室教室長
川西緑台高等学校卒
関西学院大学総合政策学部メディア情報学科卒(神戸三田キャンパス)

高校生の時は遊び呆けていました。本当に楽な道ばかり選んで、先のことなんかなにも考えていませんでした。そんな僕でも関西学院大学の英語9割で合格することができました。

受験生へのアドバイス
どんな偉人でも最初は誰でも初心者でした。最初からできなくてもいい。ただ、できるようにしようとするだけです。

関連記事