受験直前期!最後に受験生が考えておくべき5つのこと。

受験直前期!最後に受験生が考えておくべき5つのこと。

受験直前期!.jpg

受験直前期!最後に受験生が5つの考えておくべきこと。


冬期講習が終わり、受験の足音がもうそこまで近づいてきたこの時期に受験生が何を考えておくべきかを書いてみました。


【1】成績が伸び悩んでいる受験生!イライラしたり、気落ちしたりしないで!

 この時期の受験生は、過去問題をやっていて中々点数が伸びないあまり、イライラしたり、気落ちしたりする時期です。凹んでいるあなたの気持ちはめっちゃわかります。僕も受験生の時代があり(遠い昔ですね…)、1月はまさに暗黒時代。自信のあった世界史のスランプで枕を濡らす日々でした。(思い出すだけで、ウルウルする…笑)

 このイライラや気落ちが受験生にとってはとても大きな敵なのです。なぜなら、そのような時は勉強が雑になりやすい。イライラしている時に間違った問題を見直ししようとすると、間違えた解答だけ覚えたらええやんって短絡的になりがちです。気落ちしている時に間違えた解答を見て修正なんて、ネガティブの渦に自分から飛び込むようなもの。そんな時はぜひ、冷静になってほしいのです。この『冷静に』っていうのが、本当に大切。



【2】ゴトウは救世主!?

 受験生にとって、ゴトウは救世主です。ゴトウはあなたのことを救ってくれます。この時期はゴトウとの付き合い方が本当に大切です。ゴトウはあなたの苦手箇所をはっきりと示してくれるのです。そろそろカタカナ表記がウザくなってきましたか?ゴトウとは”誤答”のことです。ゴボウでもありません。

 点数を上げるために大切なことは、シンプル。自分が間違った問題から自分の間違った要因を見つけ、その間違った要因をしっかりと修正するための作戦を立てる。イライラしたり気落ちして落ち込んでばかりいずに冷静に分析し作戦をたてる。それだけです。だからこそ、誤答が大切なのです。誤答に出会ったら、しっかりと何ができていないかを分析し、間違った要因(課題)を徹底的に修正するための学習プランを考える。その学習プランの形成こそ、めちゃくちゃ大事なことなのです。



【3】プランBではダメ?プランはウルトラC?

 プランを立てる時に何を意識しますか?時間?点数?僕はそのプランの目的を必ず達成できるかということです。プランを遂行すること自体も意味があると思いますが、目的を達成できなければプランの意味をなさないと僕は考えます。となると、プランは1つではダメで、現状遂行されているプランが目的を達成できないときには、もう1つのプランに移行し何としてでも目的を達成しなければなりません。もう1つのプラン、プランBっていうのが大切なのです。こんな話が僕が大好きな映画『大脱出』(http://dassyutsu.gaga.ne.jp/)で描かれています。スタローンもシュワちゃんも最高すぎてまじでかっこいい!(ストーリーも僕は好きです。)最後に「これがプランBだーー!」みたいなことをスタローンが絶叫してドンデン返しするという。学習の計画をたてる際もスタローンと一緒で、何かあったときのプランBまで考えておかないといけないです。ただ、勉強の計画って立てるのが難しいですよね。立てて終わりになることがめちゃくちゃ多い。その計画がうまくいかなくなったら、すぐ辞めてしまう人も…。だからこそ、計画は何重にも練らなければいけません。そして、プランBを用意する。それがうまくいかなかった際にでも大逆転用のウルトラCも用意しておくと、なおのこと良いでしょう。



【4】良い学習プランのたて方

 でも、学習プランなんてどうすればいいんだーーー!うぉーーー!ってなりますよね。学習プランを立てる中で僕が意識している学習プランの立て方3か条を書いてきますね。


<学習プランの立て方3か条>

①学習プランは3つ作ること。

②学習プランの期限はいつまでなのか、何をするのかは細かく決めよう!

③第3のプランは圧倒的な量で攻める!


もう少し細かく説明しますね。


①学習プランは3つ作ること

 1つの課題を解決するために、プランは3つ考えなければなりません。それはなぜか…。確率論的にも、1つのプランだけでは課題が完全に解決されるとは考えづらい。だからこそ、課題を解決するためにも3つのプランを考え出すことが必要なのです。その1つひとつに②のいつまでに終わらせるのか、何をするのかを細かく決めていくのです。


②学習プランの期限はいつまでなのか、何をするのかは細かく決めよう!

 何においてもそうですが、いつまでに何をするのかを細かく決めることは大切です。学習プランにおいては、できるだけ細かく学習内容を決めることが大切です。そして、この直前期では、プランの実行単位はできる限り小さくしておいてください。今日からの4時間×2日とか、夕方2時間×3日など、細かく決めましょう。


<ダメな例>

『世界史の過去問題で現代史が全然点数を取れなかった。だから、現代史を猛烈に勉強する。』

このような形でやってしまうと、まんべんなく勉強してしまったり、同じ範囲をずっとやっている間に他の範囲の勉強が疎かになってしまうことがよくあります。


<良い例>

『世界史の過去問題で現代史が全然点数を取れなかった。とくに戦後の中国史がボロボロだった。戦後の中国史の勉強を土曜日に塾のテキストを用いて、4時間勉強する。その後、問題集を解いて、正答率80%を目指す。』

このような形でいつまでに何をするのかをしっかり決めることが大事です。とくに学習する時間をしっかりと定めていることや、最後に問題集を解いて80%を取るとゴール設定ができていることも良いですね。


ここで①で述べたプランを3つ作るということも混ぜ合わせていきましょう。

<もっと良い例>

『世界史の過去問題で現代史が全然点数を取れなかった。とくに戦後の中国史がボロボロだった。悔しいから戦後の中国史をマスターする学習プランを作る。』

 プラン①:戦後の中国史の勉強を土曜日に塾のテキストを用いて、4時間勉強する。その後、問題集を解いて、正答率80%を目指す。

 プラン②:映像授業を1.7倍速で見て、一通りおさらいをする。(所要時間2時間)授業の中で先生が話されていた中でわからなかったことは全てメモに取り、メモとったものをしっかりと調べ上げる。(所要時間1時間)その後、一問一答でアウトプットできるかを確認!正答率は85%を目指す。

 プラン③:塾にある問題集全ての中国史に該当する箇所は全部やる。その後、現代中国史に言及している過去問をピックアップし、やれるだけやる!

ここまでしっかりやれば、中国現代史マスターになれそうですね!そして、ここで学習プラン3か条の3つ目が出てきましたね。


③第3のプランは圧倒的な量で攻める!

 もう最後の一手はこれしかありません。『圧倒的量で凌駕する!量を質に変える!』これしかないです。スタローンの映画のように、行き詰ったときはド派手にぶちかますしかありません。結果を出す人はめちゃくちゃな量をやっています。藤井セミナー川西教室の浪人生たちは1週間で100時間以上の勉強をしています。これを1年間続けたとしたら、5000時間です。めちゃくちゃすごい。それぐらいやって、点数を上げているのです。やっぱり量は必要。第3のプランを使わないといけないぐらい追い詰められた時には、がむしゃらにやるしかないです。圧倒的量をこなしましょう!



【5】最後は自分を信じるしかない。

 ここまでの受験勉強は長く大変な戦いでした。今この時期に自信を持っていて、受験の日が待ち遠しい受験生は素晴らしいです。ここまで本当にたくさんのものを犠牲にして勉強を頑張られたんですね。最後まで充実した受験生活を送ってください。きっと素晴らしい結果が待っているでしょう。

 今この時期に不安で仕方がない受験生、多くの受験生がそんな状況にいると思います。不安でいることは、あたりまえのことです。きっと色々なことが不安で不安でたまらないでしょう。でも、たくさんの不安を抱えている人は今までできる限りの努力をしてきたから不安なのです。不安なことがたくさんある人は今まで頑張ってきた証だと思ってください。10年以上受験に関わっていますが、受験本番を完璧な状態で迎えることのできる受験生はほとんどいません。僕が見てきた生徒の中でもほんま完璧って僕が思っていても、本人はめちゃくちゃ不安でいっぱいだったり…。みなさんの心の中にある不安はある意味ではあたりまえなのです。だからこそ、精一杯毎日の勉強ができるように日々の学習を送ってほしい。今、不安のあまり毎晩徹夜してしまったり、勉強せず悩んでばかりいたりするのなら、少し落ち着いて!リラックスして今まで頑張ってきた自分をまず褒めてあげましょう。そして、頑張ってきた自分が試験本番で十二分に力を発揮できるように、ゆっくり作戦を考えましょう。緊張や不安は内なる自分から出てくるもの。完全なコントロールはできなくとも、対処することはできますよ!

 最後の時期にやってはいけないことは、自分の可能性を小さくみてしまうこと。ネガティブな渦に巻き込まれて、「自分なんて…。」って思ってしまうのは良くない!最後の最後まで志望校をあきらめずに勉強をやり抜こう!そうすれば、きっと素敵な結果が待っています。合格通知が出る1分前まで自分の可能性を信じて頑張ろう!最後まで頑張るあなたを僕は全力で応援します!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

藤井セミナー川西教室では、大学受験をしっかりサポートします!

英語長文が苦手な方!そもそも勉強が苦手な方!大歓迎です!

藤井セミナーに興味のある方はコチラ!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

著者プロフィール

著者アイコン
丑田 翔大
藤井セミナー 川西教室 教室長

「僕と一緒に受験勉強しませんかー?」(するー!)
うっしーさんこと、丑田翔大(うしだ しょうた)です。
受験勉強を一緒に明るく元気よく乗りきりましょう!

好きな食べ物:スイーツ/からあげ/手羽先、きしめん、ひつまぶし、味噌煮込みうどん。
趣味:舞台鑑賞、食べ歩き
好きな言葉:
「あきらめない
  前しかむかない
   進むのみ」

関連記事