自立型勉強をマスターしている雲雀丘学園生の特徴

自立型勉強をマスターしている雲雀丘学園生の特徴

 

もくじ

1:はじめに 川西教室最寄りの雲雀丘学園高校

2:中高一貫校ならではの焦り

3:難関大に現役合格する雲雀生の特徴

4:推薦入試(指定校・AO・公募)利用者の増加

5:雲雀生のための差がつく英語の勉強方法

6:まとめ 

1:はじめに 川西教室最寄りの雲雀丘学園高校

 藤井セミナー川西教室には毎年のように雲雀丘学園高校の生徒が入塾します。

 

 雲雀丘学園は宝塚市の緑豊かな景勝地に立っています。幼稚園からの一貫校で、中学校は「一貫選抜コース」と「発展コース」があり、高校になると「発展コース」が、国公立大学を目指す「特進コース」と超難関国立大学を目指す「選抜特進コース」に分かれます。卒業生に話を聞くと、「勉学に全てを捧ぐ」という答えが返ってくるくらい受験への意識が非常に高いのが特徴です。毎朝小テストがあり、高校3年生に上がると学校行事が盛り上がる公立高校とは対照的です。

 

 また中高一貫校で、保護者様の横のつながりも強いです。藤井セミナーに入る雲雀丘生の多くが「口コミ」や「知人の紹介」です。

 

 この記事では、藤井セミナーから第一志望校に合格する生徒とそうではない生徒の分かれ目はどこにあるのか。雲雀丘の生徒を見ていて感じることを書いていきます。

 

 

2:中高一貫高ならではの焦り

 藤井セミナーに通う雲雀丘の生徒は入塾する時期が非常に早いのが特徴です。遅くても高校2年生のうちに、早ければ中学3年生の段階から藤井セミナーに来ます。中高一貫校でそのまま高校に進学される方は「高校入試」を経験しません。なので、高校での勉強や大学入試への不安を強く持っている方も多いです。

 

 これは僕の個人的な意見ですが、雲雀丘学園で使用する「ニュートレジャー」は学校教材でも比較的難しいです。中学3年時に実施される実力テストの長文は高校生でも難しい分量です。そういったことも雲雀丘で英語に苦労している人が多い要因になっています。

 

 

3:難関大に現役合格する雲雀生の特徴

 雲雀丘学園高校で藤井セミナーを利用して現役で合格する方の特徴は2で述べた「焦り」をうまく勉強につなげられた人です。親のすすめで「行かされて」通うのではなく、受験の当事者の意識をもっています。入塾当初から塾の基準点をクリアして、関関同立に合格しています。一番最近で同志社大学と関西学院大学に合格した2人を紹介します。

 

2016年卒塾 Mさん 高校2年生から在籍→同志社大学グローバルコミュニケーション学部 関西学院大学 国際学部 現役合格

 

2016年卒塾 Uさん 高校2年生から在籍→関西学院大学 人間福祉学部 現役合格

 

 2016年卒塾のMさんはその中でも飛びぬけた存在でした。2年生のうちから、ものすごい勢いで単熟を固めて、学年切り替え時の5教室合同の単熟大会では見事トップ賞。そこから受験までの毎月の単熟テストで90点を切ることはありませんでした。私立大学では関西トップクラスの国際系学部である同志社大学グローバルコミュニケーション学部と関西学院大学国際学部に現役合格。同志社グロコミと関学国際のW合格は川西教室の歴史で史上初の快挙でした。

 

 そのMさんとライバルの関係にあったのが、同じ雲雀丘学園高校出身のUさんです。彼女は浪人生も舌を巻くほどの日本史の知識量で、私立大学の中でも難問である関西学院大学の日本史の本番入試で9割を超える高得点で現役合格を決めました。浪人生でも9割以上を獲得することはとても困難です。本当にすごいと言えます。

 

 

4:推薦入試(指定校・AO・公募)利用者の増加

2016年秋卒塾 Uさん 高校1年生から在籍→同志社大学 推薦入試合格

2016年秋卒塾 Sさん 高校1年生から在籍→同志社女子大学 推薦入試合格

 

 昨年度在籍されていたUさんとSさんは選抜特進コースで推薦入試の利用を2年生のうちから計画していました。Uさんは人懐っこく明るい性格で、授業中の話にもすごく笑顔で返してくれていました。学校の定期テストでしっかりと点数を獲って、見事限られた指定校の枠をゲットして卒塾しました。

 

 塾としては、推薦入試はその年度の他の生徒さんの出来に左右することがあるため、最悪一般入試になっても対応できる実力をつけるように指導しています。そのため、Sさんは毎月の英単語・英熟語テストでも合格基準の80点をクリアしていました。

 

 

5:雲雀生の差がつく英語勉強法

 受験勉強に対して悩む人の多くの疑問が「何から手をつけるべきか」です。受験のスタートダッシュを切るうえで国公立・理系を問わず重要になってくるのは「英語」です。これは大学入試の配点からも明らかです。

 

 例として、関関同立の個別入試の英語の配点を並べてみても、圧倒的に英語の配点の割合が高いです。そして、入試の過去問の傾向から明らかなのは英語に対する長文の割合が難関になればなるほど高くなります。同志社大学・関西大学だと8割近く、関西学院大学で6割、立命館大学でも過半数が長文問題です。「英語=長文」と言い換えてもいいぐらい入試の本番では長文が解けないと話になりません。

 

 よく学校の定期テストは良い点数だけれども、模試では点数が取れないと相談を受けますが、当たり前です。模試で出てくるのは長文です。学校の英語授業の多くが長文は家で予習をして、文法の解説や、和訳に時間を割いています。実際に「解く」作業が圧倒的に不足しているのです。

 

 以上のことから、まずは時間のかかる配点の高い「英語」その中でも「長文」に重きを置くのが受験において最も有利なのです。

 

 

6:まとめ

 雲雀丘学園高校の子で藤井セミナーに通い、難関大学に合格する生徒は総じてスタートが早いです。そして、スタートしてからも努力を惜しみません。目標を明確にすることで「覚醒」する雲雀丘の生徒を多く見てきました。

 

 一般入試、推薦入試と受験の仕方は様々です。合格する子は早い段階で志望校を明確にしているケースが多いです。藤井セミナーに通わ「される」受け身の姿勢ではなく、藤井セミナーを「利用してやる」くらいの強気の姿勢が合格者には共通しているのではないかというのが、僕の個人的な見解です。

 

 雲雀生で塾選びに迷われている方は、「何を」「いつまでに」「どれくらい」やれば合格できるのか。過去の先輩の体験や「合格した」先輩を参考にするのが一番の近道になると思います。

 

 

 

<雲雀丘学園情報>

雲雀丘学園高校の沿革 HPより抜粋 http://www.hibari.ed.jp/ho/concept/index.html

 

学園の基本理念

雲雀丘学園の創立の精神は「孝道」を根本義としています。

雲雀丘学園では創立以来現在にいたるまで、人間性を育てる「孝道」「親孝行」を大切にしてきています。学園の初代理事長・鳥井信治郎は「親孝行な人はどんなことでもりっぱにできます」が口ぐせでした。親は子の成長を願い、子は親に感謝し尊敬するという、人としての自然なこころ、これが基本となり、家庭の輪につながり、社会のために尽くす気持ちが湧き出ると考えています。

 

学園のビジョン

雲雀丘学園は、「人間教育の充実」と「学力向上」を両立させた、

関西を代表する一流の学園をめざします。

雲雀丘学園は、人間教育の充実と学力の向上の両立を目指していますが、「孝道」を基本とした人間教育を第一に考えています。

しかし人間教育には特効薬はありません。「感謝のこころ」「人を思いやるこころ」などを大切にし、「さわやかな挨拶」「きっちりとした服装」「ルール・マナーを守る」という基本的なこと、当たり前のことを徹底しています。

学力の向上は重要なテーマです。一人ひとりの持っている多様な能力や可能性を引き出し、子どもたちが目指す進路の実現に向けて細やかな指導を行っています。また教育の環境の充実・向上をめざし、様々な学校改革に取り組んでいます。

緑に囲まれた豊かな自然環境のもと、一流の教師により一流の生徒を育て、関西を代表する一流の学園をめざしています。

また、子どもの健やかな成長は家庭との連携なくして実現できません。家庭と学校が協力して子どもを育てる「教育は共育」、そして、保護者も教員も子どもと一緒に学ぶという「教育は共学」を標榜しています。

 

学園の新しい取り組み

人間教育の一環として、「環境教育」を推進します。

現在、私たちのまわりには地球の温暖化をはじめ数々の環境問題が山積しています。環境に配慮するということは優しさ、思いやり、感謝のこころにも繋がることになると考え、人間教育の一環として、環境教育に取り組んでいきます。

環境教育を通じて「学ぶ」「考える」「行動する」ことが人間力を鍛えることにもなると考えています。

 

学園の歴史

雲雀丘一帯は、古くからの住宅地でありながら教育機関に恵まれず、教養・文化の高い居住者達の間に、この地にふさわしい学園を要望する声が高まっていました。

昭和24年に至り、この地域の住民、財界、教育界の有志により、社会奉仕の目的のもとに学園創立の委員会が生まれました。

初代理事長・鳥井信治郎を委員長として、同年4月に小学校を開校、翌25年8月に学校法人雲雀丘学園設立の認可を得て幼稚園を併設しました。昭和28年4月に中学校を開設し、31年には学園の一貫教育を目的として高等学校を設置。さらに、50年4月には中山台幼稚園を開設して現在のような総合学園となりました。

 

<雲雀丘学園へのアクセス>

学校法人 雲雀丘学園
〒665-0805 兵庫県宝塚市雲雀丘4-2-1
TEL:072-759-3000 FAX:072-759-5722

HP: http://www.hibari.jp/ho/

著者プロフィール

著者アイコン
吉井 陽祐
藤井セミナー
逆瀬川教室教室長
大阪府立東豊中高等学校
(現千里青雲高等学校)卒
関西学院大学商学部卒

高校ではテニス部に所属し部活ばかりしていました。高校が第一志望ではなかったため、大学は絶対に第一志望に合格したいという強い想いがありました。そんな時に出会ったのが藤井セミナーでした。

受験生へのメッセージ
今の自分はまだまだ成長過程です。思いっきり背伸びして下さい。信じることから全てが始まります。

関連記事