どれぐらい必要?大学受験にかかるトータル金額を知って、将来に活かす費用を選択しよう!

どれぐらい必要?大学受験にかかるトータル金額を知って、将来に活かす費用を選択しよう!

大学進学にはどれぐらい費用がかかり、進学前には何が必要なのでしょうか。さらに、受験勉強のための費用はどれぐらいかけるのが妥当なのでしょうか。高校受験と違って大学受験は自由に選択できる範囲が広く、また勉強方法によってもかかる費用は変わります。この費用感覚をもつことも、受験へのモチベーションアップにつながるでしょう。

大学進学にはいくら必要?

まずは、大学進学に必要な費用から見てみましょう。大学に入学するときに必要になるのが、入学金・学費・教材費です。国公立と私立では学費が大きく異なり、国公立は4年間で約240万円前後。私立は文系学部4年間で約390万円前後、理系学部4年間で約520万円になります。これは全国の平均値で、同じ大学でも学部によっても異なることが多いため、それぞれ確認が必要です。薬学部や医学部は6年間なのでトータルでかかる学費も多くなります。また、入学金はどの学部であっても入学が決まった段階で必要となり、私立の場合で平均30万円ほどです。

では、次に受験にかかる費用を見てみましょう。大学受験料は、センター試験を受ける場合、3教科以上の受験で1万8,000円、2教科以下の受験で1万2,000円かかります。さらにセンター試験のあとに国公立大学2次試験を受験すると、1校あたりの受験料は平均1万7,000円です。

また私立大学を受験する場合は、願書の請求で費用がかかります(約500~1,000円)。受験料は2万~5万円とさまざまですが、平均で3万5,000円ぐらいを見ておきましょう。歯学系・医学系学部の場合は約4万~6万円と高くなります。さらに遠方の大学を受験する場合は、交通費や宿泊費の想定が必要です。

次に、受験勉強中にかかる費用を見てみましょう。塾や予備校に通う場合、その受講料や交通費、場合によっては夜食代がかかります。参考書や問題集などの教材の購入や、模擬試験を受験する機会もあるでしょう。これらはそれぞれが少額でも、積もれば大きくなるもの。参考書は兄弟で使い回せるものをうまく活用することも出費を減らすコツです。

大学受験にかかる費用シミュレーション

では、大学受験にかかる費用をシミュレーションしてみましょう。

1:国公立大学が第一志望、すべり止めとして私立大学を受験するAさん

国公立大学を第一志望として受験。すべり止めとして私立大学を3校受験する。

  • 模擬試験:5000円×1回=5,000円
  • 私立大学出願:1,000円×3大学=3,000円
  • センター試験:1万8,000円
  • 国公立大学2次試験:1万7,000円
  • 私立大学個別受験:3万5,000円×3大学=10万5,000円

合計で14万8,000円になりました。この場合、併願受験をする私立大学の入学手続きに費用が必要になる時期をチェックすることが重要です。本命の大学の合格発表日よりも前に私立大学の入学手続きの締め切り日が設定されていれば、万が一のために入学金を納めておく必要があります。すべり止めの大学を受験する際は、本命の大学の合格発表日とすべり止めの大学の入学手続き期間をチェックし、受験するかどうかを決めましょう。

2:私立大学への進学を志望するBくん

私立大学が第一志望。本命の大学、実力相応の大学、すべり止めの大学の3校を、センター試験利用受験で受験し、うまくいかなかった場合は個別試験で同クラスの大学を3校受験。合計私立大学を6回受験する。

  • 模擬試験:5,000円×2回=1万円
  • 私立大学出願:1,000円×6大学=6,000円
  • センター試験:1万8,000円
  • センター試験利用受験:1万5,000円×3大学=4万5,000円
  • 私立大学個別受験:3万5,000円×3大学=10万5,000円

合計で18万4,000円になりました。同じ大学を数回受ける場合、一度に出願すれば願書は1枚で済みますが、別で出願するとなると、新たに願書が必要になります。また、同じ大学内で他学部を併願受験する場合、通常3万5000円の個別受験料が、2学部目以降が2万円になる割引制度を用意している大学も。例えば、同じ大学内で法学部・商学部・文学部と文系学部を3学部受験すると、他大学と分散して3学部受験するよりも3万円の節約になります。同じ大学で複数学部の受験を考えている方は、割引制度の有無をチェックしてみましょう。

3:地方の国公立大学が第一志望、すべり止めに地元私立大学を受験するCさん

地方の国公立大学を受験。地元では実力相応の私立大学を2校、すべり止めの私立大学を2校受験する。

  • 模擬試験:5,000円×2回=1万円
  • センター試験:1万8,000円
  • 国公立大学2次試験:1万7,000円
  • 私立大学出願:1,000円×4大学=4,000円
  • 私立大学個別受験:3万5,000円×4大学=14万円
  • 地方受験交通費:1万3,000円×往復=2万6,000円
  • 宿泊費1泊=7,000円

合計で22万2,000円になりました。受験時期になるとホテルでは受験生用宿泊プランが多く販売されますが、早く予約しないとすぐ満室になってしまいます。また同一地域で複数受験するなら、短期賃貸マンションを契約するのもおすすめ。長期間のホテル滞在よりストレスが少なく、交通費が浮くことも多いようです。どちらにせよ、早めの計画と予約を心がけましょう。

大学受験費用を将来に活かす投資と考えよう

上記のように、受験日程と入学する大学が決まれば、大学進学にかかる費用はおおむね固定されます。ですが、それまでの受験勉強にかかる費用は、自身の選択によって変動するものです。独学に比べると、塾や予備校に通うとそれなりの費用がかかります。自力で受験勉強できるに越したことはありませんが、ひとりでする勉強と、塾(集団)でする勉強では受ける刺激が違うでしょう。塾には同じ目的をもった仲間と出会える場があり、モチベーションを維持しやすい環境があります。さらに「支払った額に対して元をとろう」と意欲がわくメリットも。現時点での実力と、受験当日に必要な実力との差を埋めるために「自分はいま、何を伸ばすべきか」ということを軸に選択していきましょう。大学受験費用を自分の将来を切り拓いていくための投資と考え、悔いのない選択をしていくことが重要です。

参考

 

関連記事