~英単語・英熟語の暗記が苦手な方へ~ 英単語・英熟語の暗記を始める前に知っておきたい3つのこと

~英単語・英熟語の暗記が苦手な方へ~ 英単語・英熟語の暗記を始める前に知っておきたい3つのこと

 

英単語・英熟語の暗記は、英語の勉強をしている受験生の最大の悩みと言っても過言ではないでしょう。いかに早く英単語・英熟語の暗記を終えられるかが、大学入試において合格、不合格を左右します。派生語や多義語、接頭語や接尾語、語源など単熟を覚えやすくするテクニックは色々なとことで聞いたりすると思いますが、今回は英単語・英熟語を暗記するにあたっての心構えをお話したいと思います。英単語・英熟語の勉強を始める前に、この心構えを知っておけば効率よく暗記を進めることができるでしょう。

 

藤井セミナーでは、日ごろから口酸っぱく「逆算」の話をします。自分の志望している大学に合格するためには、「いつまでに」「何を」「どれくらい」やればいいのかを考えてもらっています。やはり、英語の学習では、英単語・英熟語は早めに終わらせておかないといけません。大学受験では英語長文の配点が大きいので、英単語・英熟語がわからず英語長文を読むことができなければ、全く手も足も出ません。そして、僕たち藤井セミナーが英単語・英熟語の暗記の奥義として、生徒の皆さんに伝授しているのは次の3つです。

 

① はやく

たくさん

何回も

 

① はやく

入試本番では単語の問題は類義語や派生語の問題がほとんどで、単純に意味も問う問題はでてきません。英語で与えられる文章の内容を理解し、内容一致や指示語の問題、和訳の形式が得点になるのです。そう、出題されるのは文章の形なのです!英文を日本語と同じように読めて、内容理解をしないと点数を生むことは不可能です。そして、入試本番で受かる生徒、受からない生徒が言うことは毎年決まっています。受からなかった生徒は総じてこう言います。「時間が足りなかった」と。したがって、入試本番で使える単語力とはどれだけはやく、頭の中から単語の意味をアウトプットできるかにかかっています。そのためには単語を覚えるうちから、いかに早く意味を出せるか。その訓練をしなくてはいけません。単語は「覚えた」「覚えていない」の基準ではなく、「はやく意味が言えたか」「はやく意味が言えないか」の新しい基準でやっていきましょう。最終的には1つの単語に対して、1秒ほどで意味がいえないと大学入試本番では使い物になりません。

 

② たくさん

次にペース配分のお話です。「この単語をいつまででも良いので覚えてください」と伝えると恐らく100人中覚えてこられる人は10人もいいないでしょう。覚えるためには「締め切り」が必要なのです。

藤井セミナーの1週間で覚えてきてもらう量は、高校1年生であれば単語100個、熟語50個からスタート。高校2年生の9月頃からは、ペースを上げて単語200個、熟語100個と指定させてもらっています。この数を聞いてビックリされる方もいるかもしれません。暗記の極意は「コツコツ」と思っている方が多いです。確かにそうなのですが、常に受験本番から逆算して考えなくてはなりません。暗記が苦手な方で「1週間で30 個絶対に覚えるので許してください」と涙目で言われたことがありました。かつての自分を見ているような気がして思わず許してあげたくなったのですが、心を鬼にしてそれではダメだと伝えました。なぜか。1週間で覚える量を30個と限定した瞬間、受験に失敗します。なぜなら、受験本番に間に合わないのです。センター試験の必須単語は1500個といわれています。英単語1週間に30個ずつ進めていくといつになったら終わるのか。50週かかってしまいます。1年がおよそ52週なので、1周まわすのに1年かかってしまいます。ここで1つお聞きしたいのですが、小説を読むように単語帳を1周読んだだけで覚えられるでしょうか。藤井セミナーは今年で創設23年を迎えますが、過去に1周で覚えられた人は1人もいません。何周も見なければ、覚えることはできません。

長文で使えるレベルの瞬間アウトプットをするためには、4周まわすことが必要だと考えています。1週間に30個進めるペースで4周まわすと4年かかってしまいます。実際は途中からペースを上げるでしょうが、あまりにもゴールが遠い設定です。100個ペースなら15週間 約4カ月。200個ペースなら7.5週間 約2カ月で1周できます。

 

③  何回も

英単熟の暗記で挫折してしまう人は「真面目な人」「完璧主義な人」が多いです。暗記するうえで人は忘れるということをしっかり意識しなくてはいけません。最初の1回で覚えられる人は1人もいません。藤井セミナーでは、長文を読みこなすレベルである「瞬間アウトプット」の英単語・英熟語暗記までには4周繰り返さないといけないといっています。ですので、最初の1回目は8割方覚えることに成功すれば、どんどん先に進みましょう。まずは1周目をとにかく早く終わらせてしまいましょう。勝負事はなんでも「はじめ」が肝心です。車もエンジンをかけるのにエネルギーが要ります。そこから駐車場を出て、一般道に入り、高速に乗りさえすれば加速がつきます。人付き合いでもそうです。初めは緊張しますが、1回目で初めましての挨拶をして、2回目でお茶して、3回目でUSJに行って、4回目で1泊2日の温泉旅行にでも行けば、もう親友です。4周繰り返して単熟と親友になってください。

「覚えられない」というのは錯覚です。忘れる前にもう一度見直す。忘れるスピードより早く見直すことができるかが大切です。覚えよう、覚えようと肩に力を入れてやるのではなく、何度も何度も繰り返し、たくさん見ていこうという姿勢が大切です。

 

オススメ!【カードを使った暗記】

この①はやく②たくさん③何回も、口でいうのは簡単ですが、実際にそれを意識するのはなかなか難しいものです。そこで藤井セミナーでは、この高速暗記をマスターしてもらうためにカードを使った暗記を勧めています。単語帳で暗記を進めてしまうとどうしても前半のページに暗記が偏りがちです。カードを使った暗記の最大の利点は分けることができることです。自分が分かっているもの、ちょっとあいまいなもの、全然できないもの。〇・△・×に分けて、できないものに集中的に時間を使う。これが本当の効率化です。

暗記はできるだけスキ間の時間を使って進めていくのが一番良いです。電車に乗っている時間などはまさに暗記のゴールデンタイム。自宅の最寄り駅から学校までの間、あと何駅で何個覚えなくてはいけないと、集中して取り組むことができます。ですが、スキ間の時間で単語帳を全て見るには時間が足りません。そこで、オススメなのは土日のまとまった時間でカード暗記を進めていき、そこであぶりだされた苦手な単語を平日の学校のスキ間の時間で見ていくのです。

 ※これが藤井セミナーオリジナルの英単語カードです!(2279個収録)単語カード.JPG

 

暗記のことをよく塗り絵や皿回しの例えを使って説明します。

 

塗れている箇所にいくら色を塗っても塗り絵は完成しません。

全体をまずバッとベタ塗りして、細かいところを後で色を塗っていく。

まずは覚えるべき単熟の全体像を把握することが先決です。

 

あなたは、1~200、201~400…1201~1400の単語の皿を回す大道芸人です。

他の皿を回している間に、別の皿が落ちて割れてしまう(忘れてしまう)ことが

ないように全体を管理する必要があるのです。

回す単語の量、皿の数が増えれば増えるほど、この管理が重要になってきます。

それが一番しやすいのはやはり「カード」なのです。

 

  いかがだったでしょうか。

  英語という科目は確かに一朝一夕には身につかないものです。しかし、常にゴールから逆算して、締め切りを意識することによって、単語を「終わらせる」ことに近づくことができます。“1回を深く長くするよりも1回を短くして、方法を変えて何回もやった方が、記憶に定着するスピードは格段に速くなる”単熟の暗記はまさにこれに尽きます。

 

  語彙力は英語の攻略に欠かせないものです。文章を読むセンスがない人ならなおさら、

  センスがある人も、知識の裏付けと確実性を上げるために  単熟語の暗記から勉強をスタートさせましょう!

著者プロフィール

著者アイコン
吉井 陽祐
藤井セミナー
逆瀬川教室教室長
大阪府立東豊中高等学校
(現千里青雲高等学校)卒
関西学院大学商学部卒

高校ではテニス部に所属し部活ばかりしていました。高校が第一志望ではなかったため、大学は絶対に第一志望に合格したいという強い想いがありました。そんな時に出会ったのが藤井セミナーでした。

受験生へのメッセージ
今の自分はまだまだ成長過程です。思いっきり背伸びして下さい。信じることから全てが始まります。

関連記事