大学受験のために必要な英語の単語数は?単語力をアップさせる効果的な方法

大学受験のために必要な英語の単語数は?単語力をアップさせる効果的な方法

英語を勉強する際、文法を知ることも大切ですが、やはり単語を知らなければ英文を理解できません。しかし、単語を勉強するのは苦手、なかなか覚えられない、という人も多いのではないでしょうか。ここでは、大学受験に必要な語彙数をカバーできるように、単語力をアップさせる効果的な方法を紹介します。

 

大学受験に必要な単語数

大学受験の場合、センター試験には5000語程度、私立の難関校で6000~7000語の英単語が必要といわれています。中学で1500~2000語、高校1~2年生で3000語程度の英単語を習うので、センター試験の場合は中学・高校で習う単語をしっかり押さえていれば、必要な単語数をほとんどクリアしていることになります。一方、私立の難関校の場合は、それにプラスして1000~2000語が必要です。

 

単語を勉強していく手順

では、具体的にどうやって単語を勉強すればよいのでしょうか。まずは、自分の現在の単語力を知ることが必要です。インターネットの英単語力診断テストなどを利用してみてもよいでしょう。大切なのは、自分のレベルに合った教材を使うこと。難しいものに無理してチャレンジしても、基礎ができていなければ身につきません。例えば中学レベルの単語が抜けているとわかったなら、まずはそこから押さえていきましょう。

センター試験レベル(5000語程度)の単語力をつけるには

  1. 中学・高校を通して、学校の教科書で習う単語を押さえる
  2. 中学の単語が抜けている場合は、市販の高校受験用の単語帳をまずやりとげる
  3. センター試験レベルの単語帳を利用する
  4. 志望校のレベルに対応した単語帳を利用する
  5. 塾・予備校で使ったテキストに出る単語を覚える
  6. 志望校の過去問や模試から、頻出単語の傾向を知る

私立難関校レベル(6000~7000語程度)の単語力をつけるには

「やることはわかった、でも単語が頭に入らない!」という場合はどうしたらよいのでしょうか。以下に、単語力をアップさせるための具体的な方法を紹介します。

 

単語力アップのための具体的方法1:五感をフル活用する!

単語を効果的に覚えるためには「目」を使って文字を追うだけではなく、「耳」で聞き、「口」に出して発音し、「手」で書いて、「頭」を使って予想する、といったように五感をフル活用することが大切です。

耳で聞いてみる 

目で見てつづりを覚えるだけではなく、どう発音するのかを理解したほうが単語は覚えやすいもの。CD付きの教材を利用したり、英語学習用のアプリを利用したりして、耳からも単語を覚えましょう。通学時間などを利用して学習するのもおすすめです。

口に出してみる

自分で口に出して読む音読は、単語を覚えるためだけではなく、英語の学習全般にとって大切なことです。自分の声が耳から入ってくるので、目、口、耳、3つのパーツで英語を覚えることができます。ぜひ、音読の習慣を身につけましょう。

カードを使ってみる

単語帳には、カードが付属されているものがあります。そういったものを口で発音をしながら回していくとさらに効果的です。

わからない単語の意味を予想する

受験本番、特に長文問題では、見たことがない単語が出てくるはずです。そのときに動揺しないためにも、普段からわからない単語を見たら日本語訳を見る前に自分で意味を予測するようにしましょう。接頭辞・接尾辞の働きを押さえておくと、意味の予測がしやすくなります。

例:

  • co-(「共通」「共同」など→cooperate「協力する」、coincidence「一致」)
  • -able,-ible(「できる」「適する」など→eatable「食べられる」、possible「可能な」「実行できる」)

 

単語力アップのための具体的方法2:教材をフル活用する!

単語を勉強するための教材として、一番ポピュラーなのは市販の単語帳でしょう。また、学校の教科書、塾や予備校のテキスト、そして辞書も単語学習の教材になります。

以下に、それぞれの効果的な使い方を紹介します。

市販の単語帳の活用法

市販の単語帳には、単語や熟語だけを収録した辞書形式のもの、フレーズや例文で覚えるものなど、実にさまざまな種類があります。実際に手に取って見比べ、自分が使いやすそうなものを選ぶとよいでしょう。

大切なのは、自分のレベルに合ったものを選ぶこと。また、発音を耳で確かめることができるCD付きのものを選ぶと便利です。以下に、単語帳の効果的な使い方を紹介します。

  1. 基本的な単語が抜けている場合は、まず高校入試レベルの単語を押さえる

この段階では、単語と意味だけが載っているタイプの単語帳とCDを利用して、ひたすら耳から聞き、口に出して機械的に覚える、というのもよいでしょう。聞きながら楽しく覚えられるように、音楽など工夫されたものもあります。

  1. 一日に2ページ、20個の単語を覚えるより、5日間で10ページ、100個の単語を覚える

一度覚えても忘れるのが当たり前。同じ英単語を何度も目にしたほうが、記憶に残ります。

  1. 覚えられなかった単語にはチェックをつけ、それだけをまとめて繰り返し学ぶ
  2. 通学途中の時間などを利用して、英単語帳アプリで勉強する

ゲーム感覚で楽しく学べたり、自分の間違った単語を何回も練習できたりするものもあります。

 

教科書、塾や予備校のテキストの活用法

教科書には基礎的な単語が、また塾や予備校のテキストには受験で頻出の単語が凝縮されているので、最大限に利用しましょう。英文中で単語を覚えられるので、単語の意味も忘れにくくなります。教科書も、塾や予備校のテキストも、とにかく音読するようにしましょう。余裕があれば暗唱するようにすると、さらに効果的です。

 

辞書の活用法

英語の勉強に欠かせないものといえば辞書。その辞書をうまく活用すれば、単語力を継続的にアップさせることが可能です。

  1. 単語の意味を調べたら、毎回色鉛筆などで印をつけておく

印のたくさんついたものが頻出単語で、何回も意味がわからなかった、自分が苦手とする単語ということになります。

  1. 辞書をひく前に、文章の前後や接頭辞・接尾辞から、その単語がどんな意味であるかを予想する

受験本番で見たことがない単語に出会ったとき、意味を推測しやすくなります。

  1. 調べた単語の前後の単語もちらっと見ておく

語幹が同じで接頭辞、接尾辞が少し変わっただけ、という単語も覚えると、語彙数がぐんと増えます。

英語の単語力をアップさせるには、まず基礎になる単語を押さえることが大切です。学校の教科書、そして基本的な単語帳をしっかりこなせば、センター試験レベルに対応できます。あとは志望校の傾向を見て、必要な語彙数レベルの単語帳、塾や予備校のテキストや過去問、模試などの教材を使って、少しずつ単語力を伸ばしていきましょう。

耳で聞き口に出してみる、できるだけ手で書いてみる、わからない単語を予想する、覚えられないものをピックアップして繰り返し練習することを忘れないようにすれば、着実に単語力はアップするはずです!

 

参考:

 

関連記事