坪田塾だけじゃない!神戸にもあったビリギャルの話⑤~偏差値48の神戸高塚高校から一般入試で関西学院大学に現役合格したYさん~

ika1.jpg

記事紹介

ビリギャルと言えば名古屋の坪田塾から慶応に合格したさやかちゃんが有名ですが、実は藤井セミナーでも毎年ビリギャルたちの逆転劇がおこっています。今回はその中でも一番の逆転劇を起こした、ある高校生のお話をしたいと思います。

 

目次

1:神戸高塚高校ってどんな高校?

2:高2までのYさん

3:Yさんが藤井セミナーに入塾したきっかけ

4:「受験勉強」を知った最初の衝撃

5:本気で向き合った受験勉強

6:自分が変われば周りも変わる

7:心が折れたYさん

8:いよいよ入試本番

9:Yさんが思う藤井セミナーの強み

10:今、偏差値50以下の高校生にYさんからメッセージ

 

第1章から読みたい人は↓をクリック!

坪田塾だけじゃない!神戸にもあったビリギャルの話~偏差値48の神戸高塚高校から一般入試で関西学院大学に現役合格したYさん~①

坪田塾だけじゃない!神戸にもあったビリギャルの話~偏差値48の神戸高塚高校から一般入試で関西学院大学に現役合格したYさん~②

坪田塾だけじゃない!神戸にもあったビリギャルの話~偏差値48の神戸高塚高校から一般入試で関西学院大学に現役合格したYさん~③

坪田塾だけじゃない!神戸にもあったビリギャルの話~偏差値48の神戸高塚高校から一般入試で関西学院大学に現役合格したYさん~④

 

9:Yさんが思う藤井セミナーの強み

ika10.jpg

入試が終わった後、Yさんに合格体験記としてインタビューをさせてもらいました。この章ではYさんが藤井セミナーで勉強を進めていくうえで、実際どうだったかということを、赤裸々に話してもらおうと思います。

 

Yさん「藤井セミナーが良かったところは、合格への作戦をすごく明確に示してくれるところですね。徹底的に無駄を省いてくれるので、余計なことをして時間を無駄にすることもないし、『まずはこれ。次にあれをやって、その次はこれ。』っていう風にやることをとても具体的に言ってくれるので、勉強方法に迷うことはあまりありませんでした。勉強しろって言われても、何から始めて、どういうスケジュールで1年進めていったらいいかなんて、さっぱり分からなかったので、そこは先生たちに頼りっきりでしたね。

あと、私にとっては集団でやるってところも良かったですね。周りに同じ志望校の子がたくさんいるので、とてもモチベーションになりました。学校は楽しかったけど、私の学校は勉強するっていう雰囲気ではなかったので、勉強面で競い合える友達が出来たのは本当に良かったと思います。自分一人だったら絶対最後まで勉強できていなかったと思います。須磨東高校や伊川谷北高校や星陵高校の生徒は意識が高い人も多くて、とても刺激になりました。

単語カードや熟語カードや社会のテキストも市販されてるものより使いやすかったので、藤井セミナーの教材にはかなり助けられました。あと、ランキングが毎週出るのも良かったですね。友だちが自分より上だったりすると悔しくて、次の週はめちゃくちゃ勉強しました。モチベーションを上げてくれることが藤井にはたくさん用意されていると思います

あとは何と言っても先生たちの存在です。藤井セミナーの先生はみんなほんまに生徒想いで、1人1人のことちゃんと考えてくれるし、進路や勉強の仕方とかの相談も自分が納得するまで、ちゃんと聞いてくれるので大好きです!先生たちは皆、同志社や関学出身なので、アドバイスもすごく具体的で分かりやすかったです。

また、伊川谷教室の自習室は2時間ごとに自習の時間と休憩時間が決められているので、すぐに集中力が切れてしまう私には、良い環境だったと思います!他の塾よりも夜遅くまで開けておいてくれるのも助かりました。

成績が伸びるまでには本当に大変で、むしろ伸びたなんて実感は受験の直前でもなかったです。最後まで本当に不安だったけど、滑り止めも受けないことに決めていたので、その分最後まで気を抜かずに必死に勉強できたと思います。先生たちが「現役生は本番のなかで、点数が上がっていくことも多いから、最後まであきらめるな!」って言っていたのを、自分の合格を見て実感しました!勉強が苦手だなとか、成績は悪いけど、大学は自分の実力より上の大学に行きたいなと思っている人は本当に藤井セミナーがおすすめです!!」

 

10:今、偏差値50以下の生徒にYさんからメッセージ

ika11.jpg

Yさんから、「私と同じような生徒には本当にがんばってほしいから、これを伝えてください!」というメッセージを預かったので、ここで書いておきます。

Yさん「高校自体は偏差値とかは関係なく、楽しい人にとっては楽しいところだと思います。私も学校の成績はそんなに良くなかったけど(笑)、学校自体は楽しかったです。でも、自分が通っている高校の友だちの中だけで自分の価値観を決めない方が良いと思います。私も藤井セミナーに入って、他の高校の友だちと話しているうちに現実に気が付くことがたくさんありました。やっぱり同じ高校の友だちや高校の先生だけの話を聞いていると、『これぐらいが普通』って思っちゃうし、上を目指そうって気にはならないと思うので、色々な人の話を聞いて、自分がどうしたいのか考えることが大事だと思います。

あと、漠然と勉強するのではなく、明確な作戦を持って勉強することが大事です!他の予備校に通っていた友達は、私大志望やのにセンター試験の対策をしてるとか、配点が違うのに全科目同じ時間をかけて勉強してるとか、なにも考えずに勉強している人も多かった気がします。実際、そういう勉強をしていた友達はみんな落ちてました。藤井セミナーはそんな勉強をしている人は一人もいないので、今成績が良くない人には藤井セミナーはほんとお勧めです!いかに早く志望校を決めて、いかに早くその大学の対策をしていくかが受験では本当に大事です。志望校を決めるときは模試の偏差値や学校の成績は全く気にすることはないと思います。自分が行きたいと思う大学の対策に思いっきり時間をかけて、頑張ってください!

1年勉強を頑張って、志望校に行くと過去の自分からは考えられないぐらい、自分自身も成長すると思います。私は受験を経験して、この1年勉強した3教科だけじゃなくて、他の分野とか、社会についてもっと知りたいなって思うようになりました。今、大学では日本国憲法や他の国の法律とかも学んでいて、昔の私なら絶対面白くないって思ってたはずなのに、授業を聞いていると、『私って、日本で暮らしてるのに、日本の法律のことすら全然知らないな。』って思って、結構楽しく大学の講義を聞いています。でもこれって、受験勉強の1年があったからこそだと思うんですよね。無理って決めつける前に、全力でやろうと思えるようになったのも、私の中では大きいです。

下の方の高校に通っている人は周りに勉強する子は多くないと思うけど、そんな環境に負けずに自分だけは意識を高く持って頑張ってほしいです!後悔のない受験生活を送ってください!!」

 

Yさんのお話はここまでです。最後まで読んでいただいて本当にありがとうございました。このYさんの合格体験談が、今から受験を迎える高校生たちの少しでも力になれば嬉しいです。自分なんてと思う前に、一度本気で頑張ってみるのもいいのではないでしょうか?大学受験というのは高校生が考えているよりも、この先の人生に良くも悪くも大きく影響してきます。Yさんの話を読んで、少しでも「自分も頑張ってみようかな」と思った人は、ぜひ一度藤井セミナーの説明会に参加してみてくださいね。藤井セミナーの説明会は、参加費無料で、説明会後の電話での勧誘なども一切致しませんので、安心して参加してください。説明会ではもっと具体的な就職の話や、勉強方法などもお話しているので、聞いてもらうだけでも、今後の受験勉強のプラスにはなると思いますよ!高校生の皆さんにお会いできる日を楽しみに待っています!

 

藤井セミナーのHPは↓をクリック!

藤井セミナーHP

関連記事