藤井セミナー(立川教室)か、武田塾か、どっちに行こうか?

藤井セミナー(立川教室)か、武田塾か、どっちに行こうか?

目次
1: 藤井セミナー(立川教室)とは?
2: 藤井セミナーだけに有る特徴は?
3: 武田塾とは?
4: 藤井セミナーと違う点
5: 藤井セミナー立川教室の在籍生徒の高校や、合格実績大学
6: まとめ
7: 藤井セミナー立川教室へのアクセス


1: 藤井セミナーとは?

藤井セミナーは約30年ほど前、大手予備校全盛時代にアンチ大手予備校(反大手予備校)として出来ました。『創業!』と言う感じではなく、塾長がサラリーマンを辞めた後、自宅で家庭教師をしてたら、高校生が友達を呼び、その友達がまた友達を呼び、大きくなりました。最初は、団地の6畳一間でやっていたのです。そこから大きくなって、藤井セミナーの卒業生らが各地に塾を展開しています。だから、みんな昔は勉強ができなかった経験があり、そこから這い上がって英語や社会の偏差値が70を超えて大学に行った経験を持っているのです。つまり、各教室の室長は、昔はみんなが今でいうビリギャル状態だったのです。
そして、塾としての想いは、次の5つです!
①今は、勉強できない、英語が嫌い…な高校生のみんな!、実は、コツさえつかんで、ちょっと頑張れば、関関同立やGMARCH、早稲田慶応上智さえも、合格できる!
②就職活動や30歳の時からの逆算で今を考え、大逆転の下剋上を実現しよう!
③実は、行ってみたら、関関同立やGMARCH、早稲田慶応上智の多くの学生は、昔は勉強ができなかったみんなと同じような人が多いのです!
④藤井セミナーで、ちょっとしたきっかけとコツを掴んで、まずは英語を頑張れば、本当に人生が変わる!
⑤英語の勉強時間は、実は短時間でOK!それで、偏差値が大幅にアップします!
というような事を伝えたいのです!
そして、高校生のみなさんが、自分の本当の潜在力に気づいて、覚醒してほしい!と思っている塾です。
藤井セミナー(立川教室)は、JR中央線、青梅線、南武線、多摩モノレールの立川駅から約3分の便利な場所にあります。


2: 藤井セミナーだけに有る特徴は?

他の塾や予備校に無くて、藤井セミナーだけに有る特徴をあげると、次の10個ぐらいになるでしょうか。
① 予習がない!
② 実戦形式を重視
③ 大は小を兼ねる!の無駄な事はしない勉強プランと方法
④ トリプレットさんの考えを支持(競争意識で潜在能力を引き出す)
⑤ 『ビリギャル』度はトップレベル
 (落ちこぼれていても、関関同立やGMARCH、早慶上智でさえ、予備校に行くより『この勉強方法』の方が受かりやすい)
⑥ 生徒のやる気を引き出す環境が抜群に良い
⑦ 授業=採点=面談 を、教室の担当者が全て行う
 (教室の担当者が、それぞれの生徒の状況をよく把握できるためには、絶対に必要)
⑧ 30歳(もしくは大学3年の就職活動)から逆算した大学選びを指導
⑨ 塾のOBやOGのネットワークで就活がかなり有利
⑩ 月謝制

これらの10個の詳しい内容は、また別の記事に記載しています。


3: 武田塾さんとは?

 武田塾さんは、授業をしない塾だそうです。これは、古くて新しいのか、新しくて古いのか、よく分からないやり方です。でも、今までの塾のことを考えると画期的です。
 授業はしないそうですが、合格までの勉強プランを立ててくれるコンサルティングのようなものです。市販の参考書や問題集を、その生徒に合わせて、どのタイミングでどれをするかを教えてくれるようです。それで、金額は1年間で80万円ぐらいのコンサルティング料金がかかるようです。つまり、市販の参考書を使って計画を立てて、ちゃんと進めているかどうかチェックしてくれるサービスに年間80万円かかるって所です。近所に難関大学に合格したお兄ちゃんかお姉ちゃんがいたら、ただでしてくれるでしょうが、いなければ仕方ないですね。
  林さんがカリスマ創始者なのですが、林さんの出した本を何年か前に読んで、すごい!と思いました。何がすごいかというと、林さんが高校生の時に通っていた東進衛生予備校のことを、ボロカスに書いている点です。東進の名前を出して、ここまでボロクソに書いていいのか…って思ったものです。でも、間違ったことは言ってないと思います。
武田塾さんが出現するまでの塾の形態は次の3つです
・大手予備校によくある、予習をさせて授業をする
・東進のように、事前に録画している映像授業を見せる
・藤井セミナーのように、予習は無しで復習中心の超実戦重視型の勉強方法
今までの塾の形態は、この3つだと考えてました。ここに、4番目の選択肢の「授業をしない塾」の武田塾さんが現れたのです。
私も、この発想は凄い!と思い、難関国公立や難関私大を卒業した知人や知り合いに話をしたのですが、かれらの反応は「❔❔ 」でした。

この知人の中には、高齢者もいるので、「そんなん、昔は皆自分でやっていた」「それ、自分でするものなのに何で80万も払わないといけないのか?」って言う反応です。
私が「時代が違うから!」って言っても、やっぱり武田塾さんのやり方に納得してないようなのです。考えてみたら、今の大学受験率は50%を超えています。今の高齢者の若い時の大学受験率は10%ぐらい。こんな所にも、武田塾さんが、計画づくりと管理だけで年間80万円も取れる理由がありそうです。

そして、今ではフランチャイズを実施して各地に教室展開を行っています。そのフランチャイズの展開を書いた本が、「代ゼミが負け、東進が勝ち、武田塾が伸びる理由 勝てるフランチャイズの極意」という本です。幻冬舎から出版されていて、880円です。とても、面白い本で、一気に読めました。武田塾さんのフランチャイズを手掛けているのが、この著者の竹村さんという方で、実は、東進のフランチャイズを最初に手掛けた人らしいのです。とても面白い組み合わせです。東進を大批判して武田塾を作った林さんに、その東進を作り上げた竹村さんが今度はフランチャイズの手助けをするという…ドラマチックな展開です。
昔、ペットボトルで水やお茶が販売され出した時には、「水道水があるから、そんなもの売れるわけない」と言う意見があったのを思い出しました。

武田塾さんは、受験生が自分で計画を立てられなくて、常に誰かに管理をされたい人が、「年間で80万円は高くない!」って思うなら、良いサービスじゃ無いでしょうか。世の中には、お金をたくさん持っている人はたくさんいるので、一般的な貨幣価値なんてないも同然でしょうし、予備校や塾に対する価値観も千差万別なので。


4:武田塾さんと 藤井セミナー(立川教室)と違う点

①授業
武田塾:授業は一切ないようです。
藤井セミナー:授業をした方が効率的な所は、授業をします。
・受験生が、自分でやれば効率が悪い分野
・市販の参考書や問題集では、実戦力が養われない分野
・ 授業の方が、個人の潜在力を引き出せて大幅に成績アップする分野
この3つは授業をします。
なので、藤井セミナーは武田塾さんのように授業を全否定はしていません。
また、武田塾さんが行っているような、参考書を使っての勉強プランニングは無料で行っています。
反映像授業、アンチ東進という点では武田塾さんと一致していると思っています。

②勉強方法
武田塾:市販の参考書や問題集を組み合わせて行うようです
藤井セミナー:予習がないのが一番の特長です。
       次に、実戦力重視の勉強をしています。
       
例えば、大学の過去問題を中心に時間を計って解いていきます。
この、時間を計るというのが、とっても大事です!!
高1、高2は、優しい内容の過去問題で始めて、学年が上がるに従って難しくしていきます。

③勉強の方針
武田塾:市販の参考書や問題集を使うので、かなり情報が重なって、時間的には効率が非常にわるくなる。
藤井セミナー:大は小を兼ねる!極力無駄な事はしない、時間節約型勉強方法。

これは、部活をしながら、難関大学を目指す生徒が多いので、物理的に時間がないのです。その中で、色々な参考書や問題集をやっていては、色々と被る部分も多くて、時間を非常にロスします。受験は満点を取らなくても合格するのです。10打数10安打でなくても、首位打者は取れるのです。

④授業料
武田塾:年間80万円ぐらい
藤井セミナー:月謝制で、高3は週に2回の英語で月に29000円
ちなみに、藤井セミナー立川教室では、年間の勉強のプランニングは無料です。
管理は、ある程度しますが、ガチガチにはしません。と言うのは、やる気が出た時には、ガチガチの管理を生徒は嫌がり、もっと自由に計画を自分で立てたくなるものだからです。


5:藤井セミナー立川教室の在籍生徒の高校や、合格実績大学

藤井セミナー立川教室には、次の高校の生徒さん達が通っています。
立川高校、立川国際高校、日野台高校、昭和高校、南平高校、翔陽高校、東大和南高校、調布南高校、小平南高校、上水高校、府中高校、東大和高校、青梅総合高校、片倉高校、拓殖大学第一高校、八王子高校、東亜学園高校、明法高校、工学院高校、など。
これまでの合格実績大学
北海道大学、早稲田大学、慶応大学、上智大学、東京理科大学、明治大学、立教大学、学習院大学、青山学院大学、中央大学、法政大学、明治学院大学、成蹊大学、津田塾大学、東京女子大学、など。


6:まとめ

武田塾さんは、市販の参考書や問題集を使い生徒の為に計画と管理をしてくれる塾で授業はありません。
藤井セミナーは、最低限必要な授業は行い、入試の本番を想定して、そこから逆算した実戦形式の勉強方法で指導しています。それが、偏差値40以下からでも関関同立やGMARCH,早慶上智へ合格できる秘訣です。また、大学3年の就職活動、30歳前後の社会人生活を強く意識した進路指導を行い、一流企業に就職をした塾OBやOGとの強いパイプが特徴の塾でもあります。
時間を意識した実戦形式でないという意味では、大手予備校も武田塾さんも、全て同じグループで、藤井セミナーとは全く違う形態です。


7:藤井セミナー立川教室へのアクセス

JRを利用の場合
立川駅南口を出て、アレアレアを目指していくと、左手に地上に下りるエスカレーターがあります。それに乗って道なりに歩くと右手にセブンイレブンがあります。ここを右に曲がりしばらく直進すると右手にサンクス、左手にカフェ・ベローチェのある交差点があり、横断歩道を渡って下さい。右手に太陽生命ビルその先に千代田生命ビルが見えるのでそこのビルの7階になります。
多摩モノレールを利用の場合
立川南駅を降りて、エスカレーターで地上に出て南に向かうと、大きな交差点があります。横断歩道を渡り左に直進していくと右手に太陽生命ビルその先に千代田生命ビルが見えるのでそこのビルの7階になります。

関連記事