藤井セミナー明石教室の合格体験談(2019年)

藤井セミナー明石教室2019年の合格者の人達に、合格体験記を書いてもらいました。スペースの都合で全員は掲載できませんでしたが、今から大学受験を頑張ろうと思う人は参考にしてください。(明石教室の説明会申し込みはこちらから

☆☆明石高校☆☆

出口嵯也佳さん(現役)関西学院大学(法・総政)//費用が安かったのと、関関同立に特化していて、英語に力を入れている塾だということもあり入塾しました。英語の偏差値は42からのスタートになりましたが、藤井セミナーの英語長文音読を頑張って速読力を上げて、語彙力強化のために藤井セミナーオリジナルの単熟語カードをどんどん覚えていきました。また、世界史は苦手だったので実際に藤井セミナーの授業を取って大学受験に必要な知識を効率よくどんどん叩き込んでいきました。苦手だった世界史の授業を続けられた理由は、世界史の先生は2人ともとても優しく、質問しやすい環境があったからです。なので模試はなかなか点数が上がらなかったけれど、受験直前に成績が一気に上がって、関学の本番では英語は8割を超えて、世界史も8割を超える点数を獲得することが出来ました。進研模試上では成績が上がらなかったので、高校の先生からはあまり期待はされていませんでしたが、藤井セミナーの先生方には励ましの言葉を毎日頂いて勉強を頑張ることが出来ました。合格した時に高校の先生からは相当驚かれました。この塾の良いところは、自分の成績がすべてランキング化されるので、それで全国の人と比べてどれくらいの位置にいるのかが分かるし、お互い高めあっていけると思います。受験戦略として早くから赤本(過去問)を解いていくことを勧められるし、滑り止めの大学を受けないという方法も良いと感じました。現役生の場合は勉強する時間がどうしても少なくなってくるので、志望校を4校5校と広げると対策なども大変です。なので無駄なことはせずに自分が受験したい大学を絞って集中した方が良いと思いました。

☆☆明石清水高校☆☆

神原友輔くん(浪人)関西学院大学(法・総政)//現役の時は別の塾に通っていたのですが、高校自体の偏差値もものすごく低く、合格する見込みがないと判断され退塾を余儀なくされました。その時に藤井セミナーの説明会に参加して、ここならいけるのではないかと思い入塾しました。英語は苦手だったので、まずは藤井セミナーの言うように語彙力強化で藤井セミナーオリジナルの英単熟語カードを使い、英語長文音読も一生懸命しました。その結果、関学の試験では9割近い点数を取ることが出来ました。

また浪人してから世界史を勉強し始めたので、藤井セミナーの世界史の授業を取りました。何も知らない状態からの勉強だったけれど、世界史の先生方から効率的な勉強方法などを教えてもらい、分からないところがあればすぐに質問できる環境もありました。浪人から世界史を始めたので、模試ではなかなか点数は上がらなかったけれど、関学の入試では9割を取ることが出来ました。どうしても関学へ行きたいという気持ちが強かったので滑り止めは受けませんでした。今考えればそれが良かったのかもしれません。1つの大学に絞って赤本(過去問)を詰めるので効率よく勉強することが出来ました。この塾の良いところは、社員の方々はもちろん、バイトの先生の授業の質が高さが高いことや質問や赤本の添削をすぐにしてくるし、進路や勉強の事をはじめ、なんでも話を親身に聞いてくださり、先生方とフレンドリーに話が出来ることです。明石清水高校だと浪人してもなかなか関西学院大学には行けないけれど、藤井セミナーで言われたことを徹底的にすれば、合格できると思いました。

☆☆北須磨高校☆☆ 

樋口舞厘さん(現役)関西学院大学(文・法)//某映像授業の塾から転塾して藤井セミナーを選びました。そこでは「理解する」というよりも「早く授業を進めないと」という気持ちが強かったのでなかなか成績が上がりませんでした。英語の偏差値はなかなか上がらず、長文も読むのが遅かったけれど藤井セミナーの言う「長文復習の音読」「英単熟語の暗記」を頑張ったら、関学本番で8割近くまで得点することができました。得点源になったのは世界史です。世界史も苦手だったけれど、藤井セミナーの世界史の授業を受けて勉強したら関学の入試では9割取ることができました。世界史の授業では出題されやすいところを解説したり、なかなか点数が上がらない時にたくさんアドバイスを頂いて、勉強を頑張るモチベーションにしました。高校の先生からは心配されましたが、滑り止め大学は受けずに関学一本に絞って勉強しました。主に英語と世界史を勉強していたので、苦手な国語も勉強しなくて良いのかと心配でしたが、勉強してもなかなか成績に反映されない国語をするよりも覚えたらすぐに点数につながる世界史をほぼ完璧な状態で本番にも臨めたことが本当に良かったです。効率良く、無駄のない勉強法で関学に合格することができました。藤井セミナーに入っていなかったら、心配な国語に勉強時間を費やして、世界史を中途半端な状態で本番に臨んでいたと思うと、本当に藤井セミナーに入塾してよかったと思います。

☆☆星陵高校☆☆

H.Kさん(現役)関西学院大学(法・経済・総政)//英語の偏差値は70近くまで上げることができました。英語力を伸ばすのに重要な英語長文と英単熟語を徹底的にする環境があったのがよかったです。日本史は悪い時で偏差値40くらいだったのですが、藤井セミナーの日本史の授業を受けて、担当先生が言ったことなどを徹底的に暗記したら、模試の偏差値では70近くまで、センター日本史は満点、関学の入試でも8割を超える点数を取ることができました。日本史の先生には感謝しきれません。「関関同立」に特化していたので入塾しましたが、英語と日本史を得意にして合格することができました。

M.Hさん(浪人)同志社大学(経済)関西学院大学(総政)//国公立特化型だった塾から転塾してきました。最初はあまり英語は得意ではなかったけれど、藤井セミナー式の長文の音読復習と、英単熟語の暗記を頑張ったら成績が上がりました。長文音読と並行して語彙力も強化していかなければいけませんが、これは塾オリジナルの英単語・英熟語カードが役に立ちました。日本史は最初はまぁまぁ好きではありましたが、日本史の授業を取ることによって、大学ごとに出やすいポイントを授業中に教えてくれたり、わからないところがあればすぐ質問する環境があったので偏差値もアップし、また同志社大学や関西学院大学の試験の得点源になりました。長期的な目で見ると確実に成績は上がったので、たとえ実感がなくても継続していけば何とかなるという気持ちが芽生えました。


...

「今、模試の偏差値40だけど大学受験大丈夫かしら?」
「大学受験って英語が重要だけど苦手なんだよね...」
「高校の授業だけで本当に大丈夫かしら?」
と思っている方に朗報です!!

ただいま藤井セミナー明石教室では入塾説明会も開催しております。

説明会申し込みはこちらから→http://fsemi.co.jp/akashi_fm/

-----------------------------

偏差値40から関関同立への逆転合格!

藤井セミナー 明石教室

JR明石駅 山陽明石駅 徒歩3分

国道2号線沿いの魚の棚商店街手前

TEL:078-915-1633

関西学院大学 関西大学 同志社大学 立命館大学

-----------------------------

 

 

関連記事