『バカでも受かる勉強法』が幻冬舎より出版されます

最初に誤解の無いように言っておきたいのですが、タイトルは「高校の時にアホだった私(筆者)でも、そこそこの難関大学に受かる勉強方法」を短くしたものです。
ちなみに、関西では「アホ」の方がまろやかで、関東では「バカ」の方がトゲがないようです。「アホの坂田」と「天才バカボン」という感じでしょうか。

内容は「全ての科目で偏差値30や偏差値40でも、関関同立やGMARCH、早稲田慶応に受かるための勉強方法」を書いています。そして藤井セミナーという塾でこれらの方法を実践しています。(塾に興味がある方はクリック

※関関同立=関西学院大学、関西大学、同志社大学、立命館大学
※GMARCH=学習院大学、明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学

3月4日に書店で販売予定なのですが、今回は、はしがき(はじめに)だけを掲載しておきます。
興味がある方は、「バカでも受かる勉強法 / 幻冬舎 」(800円)を、書店で購入してみてください。

*******************************
はじめに

「どうせ、自分はFランク大学にしか受からない」
「勉強なんて、してもムダ」
そんなふうに、ハナからあきらめているそこの君。
ちょっと待ってください!
このままでは人生を棒に振ることになります。
ズバリ言いましょう。
大学受験は文字どおり、〝人生最大の分かれ道〟です。
いい大学に入れば一流の人生が送れるし、Fランク大学ならそこそこの人生で終わります。

私がそう言い切る根拠は「就職率」にあります。
例えば毎年、東洋経済新報社が発表している「有名企業への就職率が高い大学ランキング」には、次のような大学の名前が並んでいます。

《国公立》
•旧帝大(東京大、京都大、北海道大、東北大、名古屋大、大阪大、九州大)
•旧帝大に次ぐレベルの大学(一橋大、神戸大、横浜国大、筑波大)

《私立》
•早稲田大、慶應大、上智大
•GMARCH(学習院大、明治大、青山学院大、立教大、中央大、法政大)
•関関同立(関西学院大、関西大、同志社大、立命館大)

このように、有名企業には、誰もが知っている有名どころの大学生が多く入社しているのです。
実は企業の採用選考には、高学歴の就活生以外を一括で落とす〝学歴フィルター〟なるものがあります。どんなに履歴書を完璧に書いても、エントリーシートでアツい思いを伝えてもダメ。Fランク大学に通っているというだけで、有無を言わさず不採用です。多くは面接さえしてもらえません。
「そもそも挑戦権さえ与えられないなんて、理不尽じゃないか?」と思うかもしれませんが、残念ながらこれが現実です。
だからこそ一流大学に入ることが、その後の人生を成功させるための第一歩になるのです。
「そんなこと言っても、自分の成績じゃムリ!」と思うかもしれません。
しかし、偏差値が30~40しかないビリケツちゃんでも一流大学に受かることはできます。
その切り札となるのが、私の提唱する「バカでも受かる勉強法」です。

私は高校生のとき、偏差値30前後のバカでした。
残念ながら、現役時代の受験結果は不合格……。
でも、浪人中に編み出した「バカでも受かる勉強法」で、次の年は無事、関西学院大に合格することができました。
そして、大学生活のかたわら家庭教師として高校生を指導。多数の逆転合格をサポートした結果、瞬く間に近所に噂が広がり、指導を希望するビリケツちゃんが殺到したのです。
その後、一度はサラリーマンになりましたが、二足のわらじで続けていた家庭教師があまりに繁盛したため、ついに独立して塾を立ち上げました。
家庭教師時代の実績も含めると、「バカでも受かる勉強法」で逆転合格に導いたビリケツちゃんたちは、1万人を優に超えます。
この勉強法では、本当に〝受かるためだけ〟の勉強をします。
予習なんてどうでもいい。基礎学習もしなくていい。
とにかく復習を丁寧にやって、戦略的に、ムダなく時間を使っていきます。
例えば、学習効果の出やすい英語は頑張って、それ以外の科目はポイントだけを効率的に勉強するといった具合です。
一見するとギャンブルみたいですが、実際にこの方法で、次のような逆転合格を果たした生徒たちがいます。

・偏差値44の公立高校から早稲田大の3学部に合格したサッカー部の男子
・ 模試の英語6点(偏差値30)で、サッカー部と両立しながら明治大に現役合格した都立雪谷高校の男子
・英語の偏差値38から勉強を始めて、同志社大に楽々と受かった県立芦屋高校の女子……
etc. (合格体験談はこちらをクリック!)

次に難関私大に逆転合格するのは、君です。
本書をきっかけに、1人でも多くのビリケツちゃんたちが、輝く人生への切符を手にしてくれることを祈ってやみません。

*******************************

著者プロフィール

著者アイコン
上田徹
藤井セミナー塾長(三宮教室担当):藤井セミナーを約30年前の大学生時代に作り、大学や社会人時代に平行して受験指導をしてきました。関西学院大学経済学部卒ですが思い出のほとんど体育会レスリング部での活動。大学卒業後、一旦はパナソニックに就職し海外営業部に勤務。今の偏差値が40なくても、藤井セミナーのノウハウなら関関同立、GMARCH,早慶上智や難関国公立に英語を武器として合格できます。この塾の先生の多くは、かつては勉強できない苦しみを経験し、そこから這い上がって下剋上を実現しています!だから何をどうすれば成績がアップするか具体的に熟知しています。自分の潜在力と未来を信じて、今、はじめましょう!そのノウハウが藤井セミナーにはあります。

関連記事