藤井セミナー合格体験談


藤井セミナー
から、数多くの「元」勉強できない生徒達が難関大学への逆転合格を実現させています。その生徒たちの合格体験談を読んで、次はあなたが頑張ってください。どう頑張るか?などは幻冬舎から出版されている「バカでも受かる勉強法」にも詳しく書かれています。

2019年合格体験談 (教室名をクリック)
三宮教室伊川谷教室明石教室加古川教室
川西教室、逆瀬川教室、三田教室、高槻教室
自由が丘教室吉祥寺教室立川教室
宮崎江平教室

2018年合格体験談 (教室名をクリック)
三宮教室伊川谷教室明石教室加古川教室
川西教室、逆瀬川教室、三田教室、高槻教室
自由が丘教室吉祥寺教室立川教室
宮崎江平教室

各教室の入塾説明会への申込はコチラ
三宮教室伊川谷教室明石教室加古川教室
川西教室逆瀬川教室三田教室高槻教室
自由が丘教室吉祥寺教室立川教室
宮崎江平教室

藤井セミナーのホームページはコチラ

今の偏差値なんて全く関係ありません。藤井セミナーには以下の様な例がたくさんあります。
・高2の時に偏差値30だったけど、現役で明治大学や同志社大学に受かった
・サッカー部や野球部などで時間が全然なかったけど藤井セミナーの勉強方法で時間の少なさを克服して現役で関西学院大学や早稲田大学に合格した
・学校の成績は学年でもかなり下の方だったけど、慶応や学習院に合格した

……など、逆転合格の例が多数あります。その成功のポイントは3つです。
①予習がなくて、独特の復習方法を実践
②まずは英語長文に絞り、英語長文から始める
③細切れ時間の活用から始めて、夏休みには英語の勉強時間が自然と減る

それでは、①②③の簡単な説明をしておきます。

《①予習がなくて、独特の復習方法を実践》
入試の本番では、予習はできません。だから単純に予習は無意味です。
部活を考えてください。試合形式、試合相手を分析して、逆算して練習を計画していきます。入試でも同じことをしてください。入試では、次の3つの事に困りるはずです。

 ・制限時間(時間がなくなり焦る)
 ・辞書は引けない
 ・緊張する

この3つに対処できる方法として、「予習」や「個別指導」や「映像授業」で対処できますか?? できるわけないとすぐに分かると思います。
だから、予習はなくて【実戦と復習】なのです。

《②まずは英語長文に絞り、英語長文から始める》
配点の高いものから勉強を始めた方が、合計点が伸びるに決まっています。また、一石二鳥、三鳥、四鳥を狙った勉強をした方が、効率的に短時間で多くの勉強ができます。それが英語長文となります。関関同立やGMARCHや早慶上智の英語は、英語長文が難解で配点が多い特徴となっています。だから、ここで高得点を取れたら、全体の点数が大きく伸びます。
ちなみに、関学では大問6題中、4題が文章題です。同志社大学は超長文2題と会話文の合計3題です。明治大学や慶応大学の一部の学部では英語長文しかでません。
そして、その英語長文の勉強の中で、文法、構文、英作の勉強もできて、しかも現代文の実力アップもはかれるのです。これだけ「おいしい」科目は他にはありません。だから「英語長文の復習」だけやれば、難関大学には受かる!と言っても、言い過ぎでもないのです。

《③細切れ時間の活用から始めて、夏休みには英語の勉強時間が自然と減る》
「部活をしてて、時間が無い…」とか思っている人もいると思います。でも、英語の勉強は全てが2分や3分の細切れ時間で始めていけます。また、紙も鉛筆も必要ありません。この「細切れ時間の活用」で、しかも「紙も鉛筆も必要ない」勉強方法は、予習では絶対に無理です。こうやって、勉強をスタートさせていけば、だんだんと英語が得意になり、英語の勉強時間が減っていきます。そして、部活の引退を迎える頃になっていきます。ここで、社会に大量の時間を投入してください。これが、偏差値30や勉強ができない中からでも難関大学に合格できる大きなプランです。

この3つの次に大事なのが、《勉強のスケジュール》です。
毎年、産近甲龍(京都産業大学、近畿大学、甲南大学、龍谷大学)や日東駒専(日本大学、東洋大学、駒澤大学、専修大学)に合格する受験生なら、あと3~4カ月早めにスタートしてたら、関関同立やGMARCHに受かるのに…と思います。この差は、「頭の良し悪し」ではなく、「いつスタートしたか?」と「何からスタートしたか?」の違いだけです。
だから、産近甲龍や日東駒専に合格する受験生なら、藤井セミナーでちょっと早く始めていたら関関同立やGMARCH以上に合格するのです。

そのちょっと早く!が、今なのです!!

なんでも、相場があります。例えば…、
・英単語の暗記は、何周目までは覚えられないけど、何周目終了時点で、何%暗記ができる。
・英単語の暗記が使えるレベルの80%に到達するのは、何周目ぐらい。
・難関大学合格者は、夏休みの勉強時間の何割を社会に使うけど、産近甲龍や日東駒専合格者は、何%ぐらいしか使っていない…

などなどです。関関同立やGMARCHレベルだと、毎年何万人が合格するのです。人間の能力なんて、そんなに変わりません。だから、成功者のパターンを真似したらいいのです。この場合の「成功者」というのは、「今は勉強ができないけど、逆転合格で難関大学に合格した受験生」という人たちです。関関同立もGMARCHも、それぞれの大学には1学年に5000人以上の大学生がいるので、受かり方は千差万別。だから現在の自分と同じような人が、どうやって受かって行ったか??が重要なのです。

藤井セミナーでは、たくさんの「元勉強できない」生徒達が、難関大学に現役合格をしていってます。彼らが、何を、どのように勉強をしたか?、またその勉強を頑張るモチベーションはどうやって高めたか??などに、興味があれば、藤井セミナーの説明会にご参加ください。

著者プロフィール

著者アイコン
上田徹
藤井セミナー塾長(三宮教室担当):藤井セミナーを約30年前の大学生時代に作り、大学や社会人時代に平行して受験指導をしてきました。関西学院大学経済学部卒ですが思い出のほとんど体育会レスリング部での活動。大学卒業後、一旦はパナソニックに就職し海外営業部に勤務。今の偏差値が40なくても、藤井セミナーのノウハウなら関関同立、GMARCH,早慶上智や難関国公立に英語を武器として合格できます。この塾の先生の多くは、かつては勉強できない苦しみを経験し、そこから這い上がって下剋上を実現しています!だから何をどうすれば成績がアップするか具体的に熟知しています。自分の潜在力と未来を信じて、今、はじめましょう!そのノウハウが藤井セミナーにはあります。

関連記事